オーガニック&ナチュラリストが集合!「ViOマルシェ」レポート

オーガニック&ナチュラリストが集合!「ViOマルシェ」レポート

オーガニック・無添加にこだわるWebマガジンViOが厳選したオーガニック商品に出合えるイベント「ViOマルシェ」。毎回、美容家や美食家をはじめ、美意識、食育意識の高い女性たちの視線を釘付けにしています。第三回となる今回は、これまでにも増して魅力的なオーガニック食品やサプリメント、コスメなど、美肌に欠かせないインナーケアを充実させる商品たちが大集結! estheteもこのイベントを100%満喫すべく、ビューティーフードスタイリストの浅利真妃さんと共に参戦してまいりました。

ViOマルシェ

開場は六本木ヒルズのヒルズカフェ。開場1時間前から入口に列ができるほどの人気ぶり!

浅利真紀さん

アテンドしていただくのは、インナービューティー専門家の浅利真妃@maki_asariさん!

 

今回は、サロンでも活躍必至のインナーケアに直結する商品たちを、「美肌作りは体の中から!」という浅利さんのアドバイスのもと、「発酵食品」、「ドリンク」、「スイーツ」、「自分用にもおすすめ!」の4カテゴリーに分けてご紹介します。

腸内環境を整える「発酵食品」

奇跡の味噌

奇跡の味噌

奇跡のリンゴの木村氏の指導によって栽培された米と大豆を使用して作られた味噌。味噌作りでは、地中に炭を埋め細胞組織への浸透力が高い電子水を散布する「電子技法」を採用。栄養価を高められるこの技法のおかげで、抗酸化力が通常の味噌の2倍以上も検出されているそうです! 冷蔵庫に常備している味噌をこれに変えるだけでアンチエイジングがより身近になりますね。(株式会社 電子食品流通研究所)

奇跡の味噌

手前が甘酒2種、奥側が味噌2種

奇跡の甘酒

こっくりとした甘さの白米甘酒と、コク深く栄養豊富な玄米甘酒。どちらも無肥料・無農薬の岡山県産の自然栽培米を麹にして作られたもの。「自然の力だけで育ったお米だから栄養価も抜群。代謝が落ち始める30代からは、ぜひ日常に取り入れてほしいですね」と浅利さん。さらりとした飲み口で甘さも充分感じられるため、小さな子どもにも喜ばれそう。三倍に薄めて飲むだけという、忙しい朝でも気軽に取り入れられる商品です。(株式会社 電子食品流通研究所)

 

乳酸菌のお酒 きぬさら

きぬさら

浅利さんがひときわ目を輝かせていたのが、こちらの麦麹と米の発酵で生まれた天然乳酸菌と食物繊維をたっぷり含んだこちらのお酒。「これだけたっぷりの乳酸菌ドリンクがお酒だなんて、少し得した気分になれますね〜」と、お酒を飲む罪悪感を薄めるコメントも!一日の終わりに一杯飲んでリラックス。そんな癒しの時間にも美肌と健康にも良い影響をもたらしてくれる、お酒好きな女性にとって夢のような飲み物発見です!(株式会社 オファード)

 

継続が難しい人にもおすすめ「ドリンク」

ORGANIC CORDDIAL  ハイビスカス&ゴジベリー

ゴジベリードリンク

オーガニック原料だけで作られた、イギリスの伝統的なハーブ飲料“ハーブコーディアル”。有機クコ果汁が30%も配合されていて、その濃さは果肉が沈殿するほど!「ハイビスカスにはビタミンC、クコには高い高酸化作用があるため、美肌やアンチエイジングの強い味方です!」と浅利さんも興味津々。炭酸やワインで割るなど、あらゆる飲料との相性が良いため子供から大人まで楽しみながら続けられますね。(株式会社八仙)

 

137℃ degrees

アーモンドミルク

乳成分不使用、香料・造粘剤等不使用、砂糖不使用のナッツミルク。美肌に必要なビタミン類や植物性たんぱく質、鉄分などが豊富で、快眠にも効果を発揮するそうです。味はアーモンド、ウォールナッツ、ベルギーチョコ、ピスタチオなど全7種あり、どれも優しい甘みが心の安定をもたらしてくれます。また、ピスタチオ味のナッツミルクは日本ではとても珍しいテイストなのだとか。「最近流行の女性向けプロテインをミックスして飲まれる方が増えています。カロリーも控えめで、牛乳が苦手な方にもご指名いただいています」とのこと。豊富なラインナップも飽きずに続けられるポイントのようです。(ハルナプロデュース株式会社)

 

GUAMARAL シーベリージュース

シーベリージュース

モンゴル産のシーベリー果汁100%のジュース。黄金のスーパーフードとして名高いシーベリーには、豊富なビタミン類と体内では作り出せないオメガ3・6・7・9脂肪酸が含まれています。「オメガ7はここ1,2年でよく雑誌などでも目にすることが増えましたね〜」と浅利さん。他にも鉄分、アミノ酸18種、亜鉛、食物繊維など、含まれる栄養素は200種以上! 後を引かないさっぱりとした酸味が口の中を爽やかに仕上げてくれるので、朝の目覚めの一杯に最適!(株式会社イエロードクタージャパン)

 

プレミアム人参ジュース1000

プレミアム人参ジュース

こちらはお持ち帰りした浅利さんのお写真を拝借したもの

肥料、農薬を使わずに自社の農園で栽培したにんじんを使用。添加物は使用せずに㏗調整はこれも自然栽培のすだちを使用。「まるでフルーティなにんじんを食べているみたい。濃い甘さにすだちがよく合って、にんじんが苦手な方も美味しく飲んでいただけると思います。繊維質もいっぱいで、私は噛んで飲みました」と、浅利さんも絶賛!(有限会社若葉農園)

 

罪悪感ゼロの「オーガニック・スイーツ」

BioKashi

biokashi

世界中から選び抜かれたオーガニック素材の恩恵を詰め込んだお菓子シリーズ。

biokashi

不必要な添加物が取り除かれているため、素材本来のおいしさや風味を楽しめます。おからクッキーやオーガニックのドライイチジクミックスなどが人気。「ドライイチジクは女性ホルモンの安定にも欠かせませんよ」と浅利さんもオススメです。(アルファードスタッフ株式会社)

 

オーガニックカカオニブ

オーガニックカカオニブ

有機栽培されたカカオ豆を砕いてフレーク状になったカカオニブ。カカオポリフェノールやカテキンなど、高い抗酸化力を持つフェイトケミカル成分がたっぷり含まれています。苦味と甘味が共存した味わいで、そのまま食べても満足度高めなチョコレート感覚で楽しめるインナーケア商品です。

カカオニブ

パッケージも可愛い!レジ横にあったら腸が動く施術後は目がいってしまいそう!

どうしても甘い物がやめられないというお客様にオススメしてみて。(スーパーフーズトレーディング株式会社)

 

ビューティーバー

フルーツバー

世界最古のフルーツといわれるデーツ(なつめやし)など使用したバー。ファッション誌で紹介されたことから、美意識高めの女性たちから注目されている商品です。ビタミンやミネラルなど栄養価が高く、むくみや便秘の解消、美肌、体力アップにも効果が期待できるため、疲れたときや小腹が好いたときの必需品としてオススメできますね。カワイイ見た目と手軽に手に取れるサイズ感も女子ウケしそうです。「シリアルもグルテンもフリーでこの美味しさのビューティーバーは、なかなか出合うのが難しいですよね!丁寧に作られているのがうかがえますね」と、浅利さんもお墨付きの美味しさと栄養価!(バイオシード)

 

郷のはちみつ

郷のはちみつ

山口県の養蜂園の生はちみつ(酵素や栄養素を崩さずに加工なしでそのまま瓶詰め)がズラリ。SDGsの取り組みの一環としてミツバチの命や食べる人の健康のために、除草剤や合成薬剤を使用していないとのこと。残留農薬ゼロのはちみつは、花や樹によって味の違いをはっきり感じられる美味しさ。(ときつ養蜂園 Bee’s life)

ミツロウを使用したスキンケア

蜜蝋も販売。リップクリームやバームなども養蜂園で制作しているそう

 

プロの皆さんにおすすめ!

ビオクラの 亜麻仁油

厳選亜麻仁油

ちゃんと遮光の瓶を使っている、この企業は信頼できますよ」と、浅利さんが指摘したのは、亜麻仁油。熱や光に弱く酸化しやすいことと、消費期限が短いことから、なるべく小ぶりで遮光瓶を使用していることが大前提。こちらはその条件をクリア、そして飲みやすい!国産とカナダ産のミックスで飲みやすく栄養価が高いタイプなのだとか。毎日スプーン1杯でOK、ひとり暮らしの方にもおすすめ。(BIOKURA)

 

青パパイヤ酵素

青いパパイヤ酵素

他の出展企業から「あの酵素はすごい」と、話題になっていたパパイヤ酵素!紫外線から種字を守るために酵素やビタミン、ミネラルが豊富なパパイヤをまるごと使って天然酵母で自然発酵をしているそう。顆粒でそのまま食べられ、クセのないほんのり甘いお味。バイオ・ノーマライザーという名で世界各地で親しまれています。こちらのパッケージは開発45周年を記念した期間限定デザイン(開発者はもちろん日本人!)。(株式会社三旺インターナショナル)

 

ぽっかぽか温めオーガニックライナー

ぽっかぽか温めオーガニックライナー

こちらはデリケートゾーンのケア商品をたくさん出しているナチュラムーンの製品。生理用品は高分子吸収材不使用ということで、布ナプキンの心地よさをめざして開発をしているそう。このライナーは、どこがポカポカかというと・・・

ぽっかぽか温めオーガニックライナー

ナプキンの裏側にホッカイロが入るんです!熱くなりすぎないですか?と聞いてみたところ「ちょうどいい温かさで冬場は人気がある」とのこと!これは妊活中の方や不調が続く方は試して見る価値あり!妊活サロンのみなさんはぜひ検討してください!(ナチュラムーン)

 

スーパー酵素

スーパー酵素

こちらは玄米を原料に作る玄米酵素。玄米の米ぬか、米胚芽に麹菌を加えて培養・発酵させ、ビタミン、ミネラル、食物繊維、酵素、SODなどを含む酵素シリーズをラインナップしています。発売元は、創業60年の歴史を持つ老舗。もちろん60度程度での低温乾燥になります。酵素は、力価を保ったまま、活きているのが自慢です。混じりけがない自然な食品(もちろん国産)なので、味がきなこのような風味でそのまま食べても美味しい!手前のジャータイプは、水で溶いてガーゼの上に乗せて酵素パックとして使用しているフェイシャルサロンもあるとか。酵素の分解作用で角質の汚れを完全に取り除く事ができるとのこと!(株式会社万成酵素 )

 

uruotte

uruotte

美しい髪は美しい頭皮から。シンプルなコンセプトに沿ったヘアケアを推奨するブランド「uruotte」は、ナチュラル原料を主軸に商品を展開。「ナチュラル&オーガニックなヘアケアを探されている方も多いのではと思います。ノンシリコン、アミノ酸、オーガニックホホバオイルと、シャンプー1本で洗浄と保湿のバランスまで考えてくれたシャンプーは時短を望む忙しい女性にも嬉しい商品ですよね!」と、美しいロングヘアの浅利さんも推薦。きちんと機能性にも優れており、そこはサイエンスとナチュラルのハイブリッドだとか。ナチュラルヘアケアがはじめての方にもおすすめです。

uruotte

こちらは、ホホバ&メドウフォームの天然オイルに、植物由来のヒートリペア成分「メドウラクトンVE」を配合した洗い流さないトリートメント。ハトムギエキスがハリコシある髪に導くそう。(株式会社クイーン)

 

ViOマルシェで見えた若いママたちのサステナビリティ

最後、ViOマルシェを主催している株式会社スタイルスのCEO 中山真見さんにお話を伺いました。

リアルにオーガニックを体験してほしい

「出産を機に自分の生活に取り入れる食べ物や化粧品などを見直す方が増えています。何を使うか、何を食べるか、子どもだけでなく自分も含めて選ぶようになる。WEBマガジンVioも、そういった女性のために立ち上げました。意識が高い女性たちが、作り手から直接購入することができるイベントがViOマルシェです。肌で試したり、試食したり、リアルにオーガニックを体験して楽しんでいただきたいです!」

ViOマルシェ

どんな方が来ていたの?

来場した人々は、バギーを押していたり、小さな子どもの手を引いた20代〜30代のママたちが多く、インスタグラマーやモデルなどもちらほら。入場を待つ列では、アロマやフード資格のお話やコンディショニングのために通っているサロンのお話をする方も多くいらっしゃいました。

会場で見かけたインスタグラマーの方々

内側のケアを大切にする方は美意識が高いのだなとわかるファッショナブルなコーディネイトやナチュラルメイクでも美しい肌の方が多く、若いママ層の意識の高さがうかがえました。

instagramやSNSを使いこなす率も多く、その場で投稿する姿も多く見られました。さすがデジタルネイティブ!

 

参加企業のみなさんは美容と健康のプロ

生産者のみなさんは、美と健康について非常に知識が深くこだわりを持っていらっしゃる方ばかり。マニアックな質問にもすべて答えることができ、さらに情報のソースや検証結果もその場で見せていただきながら説明が聞けました。これには本当に驚きました!

参加企業は意識が高い方ばかり

美しさを追求するプロとしても、こうしたオーガニックの情報や栄養の知識もしっかりと身につけておきたいものですね。そうすれば、自身の美しさに磨きをかけるだけではなく、お客様のライフスタイルに合わせた食生活のアドバイスができるなどサポートの幅も一層広がることでしょう。安心安全の価値に触れることができたこの機会に、お客様の個性と目標にふさわしい説得力あるオーガニック商品を探してみてはいかがでしょうか。

 

浅利真妃さん

浅利真紀さん

美容スタイリスト、ビューティーフードスタイリスト、コンサルタント

美肌食育教室主宰

美容、食の専門スクールにてインナービューティー講座をプロデュースする。また、ビューティーサロンプロデュース、化粧品PR・ブランディングの経験を活かし、美容に関わる店舗・スクール・サービス・商品の企画や開発に携わる。講座企画や店舗プロデュース、ディレクションを行う傍ら、自らもインナービューティーからアウタービューティーまでトータル的な視点で『生活の中に誰もが取り入れやすい美容学』をテーマに活動を行う。

フードコーディネーター、食育インストラクター、エキスパートファスティングマイスター、コスメコンシェルジュなど美容と食に関する資格を多数保持。

amanaグループ内 食の総合プロデュース会社 株式会社hueにて連載を持つ。

食の総合プロデュース会社 株式会社hueにて連載を持つ。

 

 

取材・文 yukino kiryuin , yuni nojima

 【NOT SPONSORED】この記事はesthete編集部オリジナル記事です。ブランド提供の情報・アイテムを含みます。