美容雑誌より当然マニアック!【 Beauty Buff! Vol.1 】発売中!

「やせてきれいになりたい」と思ったときに力を貸してくれるところ

「やせてきれいになりたい」と思ったときに力を貸してくれるところ

女性が望む「きれい」って体重を減らすことだけじゃない。出るところは出て、引っ込むところは引っ込んで、なおかつ痩せてる状態が「きれいになった」ということ。体重が減っても、ふくらはぎがししゃもで太もも筋バリバリ、頬はこけて髪が薄くなった、でもなぜか下腹は出て腰が痛い、という状態だと満足しないんですよね。

「やせてきれいになりたい」と思ったときに力を貸してくれるところ

きれいになりたいと思ったときはパートナーが必要。選択肢はどれだけあるのか?上げてみました。

 

痩せたいときに力を貸してくれるところ

肥満外来

専門家の指導によって正しいダイエットを行う診療科。肥満が引き起こす糖尿病などの生活習慣病が心配、健診でメタボリックシンドローム症候群と診断されたなど、中年以降の男女が通う率高し。

簡単な運動指導や、何を食べたかのレコーディング、管理栄養士が個別のプログラムを提案することもある。

根本的な生活習慣や体質が改善されることも多く、結果的にリバウンドしにくい健康的な体を手に入れることができる。

 

スポーツジム

運動することを習慣にすることが目的。ほとんど月額制で、マシンジム、スタジオレッスン、プールなど自分で選択して運動をすることができる。トレーナーが常駐しているため、自分用のメニュー作成を依頼することもできるが、パーソナルトレーニング以外はすべて自己スケジュールで管理していく。

 

エステ

専門用語で「痩身」というジャンルになる。体重よりもサイズの変化を追うことが多く、パーツごとに計測してむくみや身体のつまりを解消して、それにより形を整えることをめざす。外的刺激で整えていくため、体質改善するためにはある程度通う必要がある。食事指導や生活指導が含まれるコースもあるが、終了後も保てるかは個人のマインドチェンジの度合いによる。

 

美容整形外科

脂肪吸引や切開などでの外科的アプローチで脂肪を切り取る、というもの。WAO!

当然保険は適用外、すべて自己責任で行う。金額は本当に高額。お金で短期間に解決できる唯一の方法。しかしダウンタイムや経過観察は必須。

 

アロマテラピー

エッセンシャルオイル(精油)の香りでストレスを解消し、マインドを正常な状態に持っていくことで過食や生活習慣を変えていこうというもの。精油の効能を活かすため、キャリアオイルに混ぜてマッサージするなどの外的アプローチもある。一般的なのは芳香中心のフランス式。イギリス式は塗布や飲食なども含む扱い方をするため、専門知識が必要。両方とも、海外では医師による治療として用いられている。

 

酵素ファスティング

断食。準備食、ファスティング中、回復食とステップを踏んで酵素を摂りながら行う。準備から回復までに摂ってはいけない食材があるので要注意。プロの手を借りる必要あり。期間もいろいろ、1年に何度もできるので、習慣にする人が多い。

 

自分でやるシリーズ

食事制限

カロリー計算による飲食制限。期間や目標を決めてはじめるが、目標達成後にやめる人続出がリバウンドの原因に。

 

マッサージ

マシンやのし棒、オイルやジェルなどを用いてマッサージし、外的刺激でパーツを整えていくことをめざす試み。むくみや疲労物質の蓄積などには効果的なことも。ただし、正しい使い方・やり方で習慣にする必要がある。

 

運動

有酸素運動(走る、歩く、自転車など)と、筋トレの2種がある。どちらも、ある程度の期間継続する必要があり、どこの筋肉をどう使っていくか、その結果どこがどうなるのかが理解できていないと理想と現実に乖離が出ることも。

ヨガ・ピラティス

ヨガは2種類。リラクゼーション目的(ハタ、陰、リストラティブなど)、筋肉運動目的(パワー、アシュタンガ、ヴィンヤサなど)がある。ピラティスはイタリア軍の負傷兵用トレーニングが元。どちらも体幹を鍛え、バランスを取りやすくすることで全体の筋力やQOLをアップしていくというもの。継続必須。

 

自分がどうなりたいのか?を理解してから方法選択を!

とにかく痩せたい、これだけでは不十分。自分がどういう形になりたいかまで絞り出すことができないと、絶対に失敗します。元に戻るの。

リバウンドしないためにも、マインドを変えるということと、パーツに注目してみることが近道だと思うので、アロマテラピーとエステのあわせ技を推奨します。

「やせてきれいになりたい」と思ったときに力を貸してくれるところ

特にエステは、マシンや施術法、化粧品など方法や種類が多彩なので、成功事例を見せてもらうときは、その人が何を摂取して、食生活どうして、期間をどのくらいかけて、どういうスパンで通って何をしたかを事細かに聞く必要があります。できれば、職業や体質も聞いておいたほうが良いです。エステティシャンが生活指導をしたならそれも。

 

エステサロンも、ダイエット成功事例を出したい、お客様の願いを叶えたい!と思っているので、そこがマッチすればWINWINなはずです。うまくいかないのは、どちらかの熱意が間違った一方通行になっているか、どちらにも熱意がないかの2択。

 

寝てるだけで痩せるのがエステじゃないのかよ!と思った方、そんなわけないじゃないですか・・・夢だよ、夢!

 

ていうか、きれいになりたいと思ったら、具体的に自分の身体を観察して逃げてた現実をまず頭に叩き込むことと、どこがどうなりたいかを思い描くこと。

 

植物の力を侮ることなかれ。自然の恵みが与えてくれること

「やせてきれいになりたい」と思ったときに力を貸してくれるところ

芳香による治療は、5000年も前から行われているそう。使用するのは、植物100%のエッセンシャルオイル。なぜアロマテラピーサロンに行かなくちゃいけないのかというと、アロマなら何でもいいわけじゃないからです。混ぜものや合成してある香りだったら意味がない。

エッセンシャルオイルは、香る、塗布、飲用が可能で、第3者機関からの認証があることがマスト。効果あるということは、禁忌もあるということ。ここ要注意です。

日本人は自然と共生する民族だけれど、植物の命の源に触れる機会は少ないので、眉唾感があると思います。だからこそ、本物に触れるべきですね。

 

失敗したくなかったら、たくさん選択肢をならべてみることも大切。

自分にぴったりな方法やサロンを見つけるために、ぜひいろいろな体験をしてみてください。

 

 

text: rara hagoromo