読み物満載のプロ向けビューティ雑誌「esthete」春号発売中!

酒粕を乳酸菌で発酵させたビーガンスイーツ「Hacco RICE ジェラート」業務用販売をスタート!

酒粕を乳酸菌で発酵させたビーガンスイーツ「Hacco RICE ジェラート」業務用販売をスタート!

株式会社FARM8が運営する酒粕ドリンク専門 『Hacco to go!』で提供する100%植物性のジェラートに業務用が登場。卸販売をスタートした。

hacco to go

『Hacco to go!』は、日本由来の発酵デザートや酒粕を使ったドリンク、スパイスなどを販売するカフェスタンド。酒粕専門、というキーワードが人気を呼び、渋谷スクランブルスクエアでポップアップを展開するなど注目を集めている。

 

日本由来の「発酵」に注目するサロンや店舗におすすめ

ジェラートの主原料は新潟の酒蔵の酒粕。酒蔵では未利用で処分に困る酒粕を再利用しており、フードリサイクルを実現。動物性素材は一切使っておらず、100%植物性で無添加。環境と体に配慮した素材からできているため、インバウンドにも好評だ。

Hacco RICE ジェラート

日本酒は、蒸したお米に「麹菌」と「酵母」という2種類の菌を作用させ、アルコールを含んだもろみを作り、それを絞ることで液体(日本酒)とペースト状の固形物(酒かす)に分ける。糀で作った甘酒が「飲む点滴」と言われているが、酒かすは発酵と醸造という2つの菌で長い時間をかけて作られるため、さらに高い栄養価を保持し、日本古来のスーパーフードとして注目を集めている。

さらにジェラートでは酒粕を乳酸菌発酵させており、ヨーグルトのような滑らかな味わいを実現した。甘すぎず、さっぱり。

発酵効果により、アミノ酸やビタミンが豊富に含まれるほか、デトックス効果も期待できると言われている。フェルラ酸やコウジ酸、α-EGというコラーゲンを生成する成分も多く含まれるため、美容に気を使う女性にぴったりだ。

 

酒粕には美肌&栄養成分がいっぱい

酒粕

レジスタントプロテイン

食物繊維の機能を持つタンパク質で、胃で消化されずに大腸まで届き、体内で脂肪を吸着して、そのまま体外に排出する。これにより、ダイエット中の方やコレステロールが気になる方にも嬉しい成分。この成分は麹の甘酒には含まれておらず、酒かすや日本酒特有の成分なのだ。

 

α-EG(α-エチル-D-グルコシド)

α-EGは、皮膚真皮層のコラーゲン量を増やすことが学術的にも証明されている。 1日50グラムの摂取を2週間続けることで効果が期待できると言われている。こちらも麹の甘酒には含まれておらず、酒かすや日本酒特有の成分。

その他、美白に有効とされるアルブチン、コウジ酸、フェルラ酸の3つの成分や、貧血に有効な葉酸、脳梗塞や動脈硬化の原因となる血栓にアプローチするプラスミノーゲン等、豊富に含まれている。

既にインバウンドには大人気!

多様な食思考を持つインバウンドには大人気で、特にベジタリアンやビーガンに愛されているという。業務用として売り出すきっかけになったのは、こういった背景があるようだ。

Hacco RICE ジェラート業務用

今回卸販売が可能になったことで、カフェはもちろん、美容サロンでも取り扱いができるようになった。ウェルカムドリンクやアフターティの代わりにジェラート、という選択肢はいかが?

現在、メニュー化を検討するお店にはサンプル送付も行っているとのこと。

一般の問い合わせも受け付ける。

 

text : yuni nojima

【NOT SPONSORED】この記事はesthete編集部オリジナル記事です。メーカー提供の情報・アイテムを含みます。