• HOME
  • esthete
  • NEWS
  • 化粧品100個からOEM可能はレアではなくなる?化粧品OEMプラットフォーム「YFOS」

化粧品100個からOEM可能はレアではなくなる?化粧品OEMプラットフォーム「YFOS」

化粧品・健康食品の製造販売や美顔メディカルサロンのフランチャイズなどを展開する株式会社プルソワンは、化粧品OEMプラットフォーム「YFOS(ワイフォス)」をローンチ。

企画力で小ロットから製造が可能なOEM化粧品のリリースをサポートを開始しました。

新規参入だからこそ、使ってほしいプラットフォーム


YFOSは、自分のブランドを作りたい個人事業主をサポートするプラットフォーム。容器、外箱、デザイン、製造工場関係までを繋ぐシステムを構築しています。

YFOS

プルソワン社は、これまでも化粧品・健康食品のOEM企画や製造事業を行ってきた企業。そのなかで培った経験を活かし、化粧品開発にまつわる様々なハードルを解決すべく、「化粧品を作りたい」と願うインフルエンサーや個人事業主のために開発したのが、このサービス。YFOSを利用すれば、小ロットで誰でも化粧品ブランドが立ち上げられます。

プルソワン社によると、新規参入時に気をつけることは以下の3点。

・委託する製造会社の選択
・ブランドコンセプトとお客様に商品が届くまでのストーリーがある
・本当に納得のいく商品を作っているか

近年、インスタグラマーやユーチューバー、ティックトッカーなどから化粧品OEMについての問い合わせが急増しているそう。もちろん美容に関心がある方ばかり。商品にも強いこだわりを持っているのは当然。商品化へのハードルも高くなりますが、こだわりがあることは強みになることも多く、エンドユーザーが手に取ったとき「この商品を買ってよかった」と思ってもらえることも多いといいます。

だからこそ、製造会社の選択はとても重要。通常、工場は作ったら終わり。しかし、YFOSでは販売サポートや海外進出の手助けもできるので、エンドユーザーの手に渡るところまでをイメージしながら進められます。

YFOSで製造可能な商品
・基礎化粧品・サプリメント
・ボディ用商品
・ヘアケア商品
・サロン用業務商品
・シートマスク
・ヘアミスト
・メイク、マスカラ

商品の製造は最小100個から

在庫を抱えるリスクがないので、個人でのブランド立ち上げが可能です。

企画力で最高品質の商品開発をサポート

これまでの経験を存分に活かし、経験豊富な専任スタッフがブランドに最適な企画提案してくれるのも強み。最新の原料情報から化粧品市場のトレンドなども、もちろん熟知。専任スタッフは、どんどん厳しくなる広告に関する法的な知識も持ち合わせているので、事業の発展にも一役買ってくれそうです。

提携工場はすべて国内

品質管理の上で重要な工場の所在地は、すべて国内。確実かつ丁寧な製造過程を持つ優秀な工場をエントリーしています。

YFOSでの製造フロー

1:ヒアリング

まずは専任スタッフがイメージを形にするため、時間をかけ、細かくヒアリング。

2:企画提案

・商品の種類
・ロット数
・コンセプト
・容器や化粧箱のイメージ
・希望成分の確認
・販売ルート
・予算

上記を主とする最適案の提案があります。もちろんこの時点でさらに相談することも可能。

3:試作品の製造

納得のいく商品を開発するためにとても大切な工程。粘度や香りなど違ったものを数種類作成し、実際に手に取って試すことができます。なんと、この試作は無料!

4:容器・化粧箱の選定

中身の試作の次は、容器・化粧箱・デザインを決定します。自分でイチから探す必要はなく、希望に沿った提案をしてもらえるので、イメージに沿ったものを選定していくだけ。100個から対応可能な容器は意外と多く、ロゴ印刷も対応可能。

5:見積もりが決定・正式発注

中身、容器や化粧箱の材質も決定したら、見積りの提出があります。内容に納得できると契約となり、発注書が発行されることになります。

6:契約・製造開始、販売届出書の申請

契約を結んでから国内工場での製造が開始され、販売届出書の申請が出されます。

7:品質管理・納品

原材料の受け入れ検査から商品の出荷前検査まで徹底した管理のもと、プルソワン社が責任を持って品質管理を行います。全ての検査終了後、商品が納品されます。

ロット数の問題でオリジナル商品の製造を諦めていた方、最高品質のOEM商品を求めている方、サロンオリジナル商品を作りたい方はぜひ注目を。


【NOT SPONSORED】この記事はesthete編集部オリジナル記事です。メーカー提供の情報・アイテムを含みます。




関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。