肌色の変化、眉・まつ毛の脱毛……がん患者の悩みをメイク&スキンケアでカバーする冊子を資生堂が発行

肌色の変化、眉・まつ毛の脱毛……がん患者の悩みをメイク&スキンケアでカバーする冊子を資生堂が発行

資生堂は、がん治療の副作用特有の外見上の変化(肌色の変化、眉・まつ毛の脱毛など)や悩みをスキンケアやメイクでアドバイスする「がん患者さんのためのBeauty Book」を発行。

がん患者さんのためのBeauty Book

これまでも、資生堂は医療機関やがん支援団体などと協力して美容情報を研究・構築してきた。

この活動で得た情報を小冊子にまとめることで、がんを治療中の本人はもちろん、家族や医療関係者などがより充実した情報を手軽に活用できるようになることをめざした取り組みだ。

 

美容に関係する施術者は、ぜひ読んでおきたい一冊!

「そういうお客様は来ない」と他人事のように思っていてはダメ。

現在は、治療技術の進歩や早期発見により、がんと向き合って過ごす期間が長くなる傾向にある。さらに、入院や休職している人ばかりではなく、仕事をしながら通院治療をする患者も増えているという。

そのため、外見の変化を意識される方も多くなっており、カバーメイクアップやスキンケアの必要性は高まってきているとのこと。リラックスや外見を整えるためにヘアサロンやアロマサロンなどの美容サロンを頼る人も増えるのではないだろうか。

 

がん患者特有の悩みはこんなこと

「がん患者さんのためのBeauty Book」は、治療の副作用として起こるトラブルを数多く掲載。肌の悩み、眉・まつ毛の脱毛、ヘアケア、ハンドケアなどを化粧品を用いて解決をめざす方法が主な内容。

 

・いつもより肌がデリケートに感じる

・眉毛が脱毛することで、眉の描く位置が分かりにくくなる

・眉毛が抜けてしまって汗が目に入りやすく感じる

・(眉毛の脱毛により)目もとの印象がぼやけて見える

・目の中にほこりが入りやすく、涙目になりやすい

 

眉毛の脱毛だけでも、こんなに人それぞれの悩みが起こる。これは、当事者でないとなかなか予想することができない。

 

さらに、治療の副作用としてはじめて手指のケアを始める人もいるようだ。

 

・指先の乾燥

・爪のひび割れ

 

一般的な肌悩みのように思えるからこそ、「適切なケアとしてどう指示・記載してあるのか」プロは確認しておく必要があるのでは。

 

How to動画やメイク後の変化など、わかりやすく

「がん患者さんのためのBeauty Book」は国内外の医療機関をはじめ、がん患者と接点のある企業や患者団体、ライフクオリティーメーキャップを展開しているアジアの一部地域でも活用していくとのこと。情報を必要とする幅広い層に対応するために、資生堂ライフクオリティービューティーセンターサイトでHow to動画や画像なども閲覧できる。冊子のダウンロードも可能になっているので、ぜひ参考に!

 

《小冊子の概要》
「がん患者さんのためのBeauty Book」
 発行元 :  資生堂 ライフクオリティー ビューティーセンター

内容:
 Section1 ハンドケア
 Section2 スキンケア
 Section3 メイクアップ
 Section4 ヘアケア
 Section5 メッセージ

サイズ : A5サイズ、フルカラー、31頁
発行 : 2019年10月21日(月) *価格は無料

 

 

 

【NOT SPONSORED】この記事はesthete編集部オリジナル記事です。ブランド提供の情報・アイテムを含みます。