NEWS

若者向けコスメにも和素材ブームの兆し!WASOに「薬味フェイス」をめざす新製品

安全性や植物性の原料に注目が集まるコスメ市場ですが、ついにジェネレーションZ世代向けにもクリーンコスメの波が到達。

 

 

10月1日に登場する資生堂の WASO に、新しく加わるのは、Tゾーン用化粧下地「ポアレス マット プライマー」と目もと用美容液「アイ オープニング エッセンス」。

 

WASOのコンセプトは ベジ in コスメ 。ケミカルと植物パワーのミックスで、ブランドサイトにも果物や野菜の写真がズラリ。

「ブランドを追わない」「youtubeとinstagramがワールドワイドなコネクトツール」「環境への関心が高い」特徴があると言われる現在7歳から21歳のジェネレーションZ世代、あるいは1世代上のミレニアル世代後半層をターゲットにしている。

 

一般消費者向けのトレンドは関係ない、と思っていては時代遅れ。

 

ジェネレーションZ世代は、既に脱毛からエステサロンに足を踏み入れている可能性があり(参考記事参照ネイルやマツエク、アロマに関心を寄せる姉や兄を見て育っているのだ。

 

参考記事:

業務用脱毛機と脱毛トレンド2019<増税前の駆け込み特集>

 

キャッチフレーズはわかりやすく 薬味!

 

「youtubeとinstagramがワールドワイドなコネクトツール」という世代に向けた商品ということで、広告に起用したのはモデルの横田ひかると、youtubeで人気のミチ。楽曲は国内外の活躍が目立つハーフアーティストのマイカ ルプテ。

 

この3名で作る新製品2品のキャッチフレーズは、#YAKUMIX。「薬味のように少し足すことで速攻ケア」という意味だそう。斬新!!

 

 

サラサラマット肌が長時間続くTゾーン用化粧下地

 

SHISEIDO ワソウ ポアレス マット プライマー 20g 3,000円(税抜)

 

 

偏光パール入りの保湿ドロップ配合、クマやむくみをケアする美容液

 

SHISEIDO ワソウ アイ オープニング エッセンス 20g 3,000円(税抜)

 

若者特有の、テカったり荒れたりゆらぎやすい肌を整えるシリーズなだけに、メイクをきれいに、というよりはすっぴんで使える・すっぴんをきれいに、というのが大前提。ここはナチュラリストやノーファンデ派の美肌づくりと親和性があるのでは・・・

 

そろそろ無視できなくなってきた植物素材とオーガニックブーム。

未体験の方はこちらから手に取ってみるのもいいかも?

 

 


文 reina amamiya
【NOT SPONSORED】この記事はesthete編集部オリジナル記事です。ブランド提供の情報・アイテムを含みます。

Ranking

Rank: 1 インタビュー

整体師・楽しんごに10の質問!経営は?どんな施術するの?スタッフは?

Rank: 2 化粧品

マッコイから新しいスキンケア 。ヒト幹細胞培養上清液を配合した『マクセリースキンケア』

Rank: 3 column

国民生活センターが調べた銘柄全部公開!ヤバいまつ毛美容液

Rank: 4 column

ついにセルフエステの危害とトラブルを国民生活センターが公表!いちばんの問題点はなに?

Recommends

column

あらゆる商品の添加物影響度をAIが判定してABC判定。FoodScore(フードスコア)で食品の買い方が変わる!

column

展示会はリアルからオンラインへ移行。「いいもの」に出会える美容系オンラインイベント2つ

column

百貨店でも化粧品より美容機器が売れる時代。おこもり美容の本格化が進む美容ガジェットベスト7をチェック!

column

薬日本堂がニホンドウ漢方ブティック青山店をオープン。カフェ利用もできる薬膳レストランも併設