エステとヒーリングを融合させた1日2名だけの秘密のサロン「MIZUCA」

エステとヒーリングを融合させた1日2名だけの秘密のサロン「MIZUCA」

SELFMADE WOMAN 01

セルフメイド・ウーマンとは、自らの美容道を切り開き、挑戦しているひとのこと。この企画では、インタビューを通じてワーキングスタイルやライフワークを学びます。トップバッターは、東京・麻布でプライベートサロンをオープンした藤垣珠都さんにお話をうかがいます。

MIZUCA 藤垣さん

藤垣 珠都(フジガキ ミサト)

エステティシャン歴16年。「エステティック サロン ミズカ」オーナーエステティシャン。

CIDESCOインターナショナルエステティシャン、日本エステティック協会認定エステティシャン、JMHA認定メディカルハーブコーディネーター

短大卒業後、地銀に入行。銀行員時代に病名はない体の不調をエステサロンで改善した経験から、エステティシャンをめざし退職。専門スクールでCIDESCO資格を取得後、都内デパート、ホテル内にある大手サロンに勤務し、推拿やアーユルヴェーダに基づいたマッサージを経験。その後、いくつかのサロンにてメニュー開発、エステティシャン教育に携わり、2019年に独立。

 

エステの仕事をはじめたときから「いつかは」と心に決めていた自分のサロン。資金が溜まってもすぐに独立を選ばなかったのは、手技とサロンの方針が定まらなかったからといいます。

 

藤垣「いろいろな規模のサロンを経験したいと思い、これまで大・中・小と勤務してきました。経絡美容、冷凍美容、個人の痩身サロンと得意分野もさまざまで、フェイシャルからマシンを使ったボディケアまで一通り経験しました。それでやっと、自分のサロンがイメージできました」

 

藤垣さんのサロンは、新築マンションのワンルーム。施術はボディのみ、女性限定、1日2名まで予約を受ける。

MIZUCA

藤垣「ハーブ蒸しテントとベッド、カウンセリングに使うソファとテーブルだけしかないんです。1日2名様のみお受けしていますが、お友達同士でいらして、まるまる1日、ご自分のお部屋のようにお使いいただくこともあります。客層は大人の女性が多く、おふたりでいらっしゃる方は30代と40代のお友達同士や、50代のお母様と20代のお嬢様のような組み合わせもあって、いろいろです」

 

パーティみたいだね、とお客様同士がささやくエステサロン

藤垣さんが採用しているのはハーブ蒸しテントパワーレメディ。テントは施術のベースとなる役割を担っており、ペーパショーツ1枚でお水を持って入ります。テントの中には籐製のチェアが置いてあり、座って見上げると木製の傘が開いています。まるでリゾートにいるような雰囲気!

 

藤垣「温めて流して整える、このステップがボディトリートメントの基本なので、温めにはRFかハーブ蒸しを考えていました。今年の春の展示会でハーブテントに出会い、ピンときて決めました。大きめのチェアにゆったり座って受けられ、直に煙が当たらないので、皆さんにご好評いただいています。テントに入ったままスマホを見ることができるし、会話もできるところがいいですよね」

MIZUCA

テントは海外から取り寄せているそうで、蒸す材料には伊吹山のハーブを使った「スチームアップ」を使用しているとのこと。じんわりと汗が染み出すのに苦しくない。膝を立てて座ると足先まで温まる。ほどよくデトックスできたところで冷たいタオルが差し入れられ、胸元に当てるとすっきり静まっていく感じが心地いい。そのままじんわり発汗を感じるのも格別!

ハーブテントから出たあとは、ベッドにうつ伏せになってパワーレメディとオールハンドのトリートメントに。

MIZUCA

藤垣「ハンドの技術には自信がありましたが、これだけじゃ弱いな、と思っていました。エステを受ける女性は敏感で結果を重視するので、新しい技術や最新の理論を取り入れないと、どうしても飽きられてしまう傾向にあります。RFを指先から発するウィンバックなどの流行もあってか、自分自身の中で施術傾向がハンド回帰しているような気がしてパワーレメディを学びました。これも1年前くらいかな」

MIZUCA

パワーレメディは、真樺の木で作られたツールを使うトリートメント。ハンドに織り交ぜて使用します。カーブを描いたツールは、温めるとハンドと同じようなぬくもりを有するので違和感がなく、強力で細やかな動きが可能。隅から隅までコリや老廃物をほぐし、流されていくような感覚が得られるという

藤垣「とにかく自分がいいと思ったものだけでサロンを作りたかった。理念や効果に納得できる素晴らしい化粧品と、リラックスできる空間、効果を実感していただける施術を選びました。エステとヒーリングの両方が叶うサロンが理想。今はボディだけですが、フェイシャルも取り入れてトータルケアできるようにしていきたいです」

 

まさに藤垣さんのこだわりをカタチにしたサロン。店販として取り扱っているものも、ご自身で手応えを感じたものばかり。お客様にも好評だという。

 

藤垣さんセレクトのアイテム

FLORAL KISS

こちらは夜寝る前に摂っていただくと良いチュアブルタイプのサプリメントです。ロイテリ菌配合で、口臭予防しながら腸内環境を整えてくれます。

MIZUCA

HMBディエータ

飲んでいると、ウエストなどの脂肪の多いところから引き締まってくる感じで、以前より太りにくくなりました。睡眠不足、食べ過ぎ、飲み過ぎが続いたときの疲労感にもおすすめです。生活習慣病の予防に飲み続けたいなと思う商品です。

 

いま気になっている製品は?

フェイシャルケア用に、MONNALI社の化粧品が気になっています。

テロメアに着目したゴールドシリーズのエイジングケアは効果もさることながらテクスチャーも良かったです。発毛サロンと開発したブラックシリーズは、時代のニーズに合っていて気になりますし、なんと言っても、磁気で剥がすRESTORATION PACKの存在が衝撃的!電流子を使っている新しさに惹かれました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

MONNALI 〈モナリ〉不老不死コスメさん(@monnali.jp)がシェアした投稿

藤垣さんは、サロンワークだけでなく、アンテナを常に立ててお客様と美容業界の両方を見渡している珍しいタイプ。常に自分がいいと思ったものを更新していきたい、というお客様の好奇心に答える準備を整えているエステティシャンだと感じました。

MIZUCA

藤垣さんのサロンは、同業者も歓迎。予約時にそっと教えてもらえれば嬉しいそう。

同業者だからこそ心を許せるお話や情報交換ができる隠れ家サロン、ぜひ訪問してください。

 

 

Esthetic salon MIZUCA

〒106-0047 港区南麻布1丁目 27 – 20 カーサ麻布アネックス 203号

営業時間 12:00 – 21:00

定休日 不定休

https://mizuca.amebaownd.com/

Instagram  https://www.instagram.com/mizuca.salon/