NEWS

Amazing J WorldがZoomで水素化粧品の導入講習を予定。水素商材に興味のある人におすすめ

REGENシリーズでアウターケアとインナーケア両面からの美容法をアピールする Amazing J World株式会社が導入講習を行う。

2020年8月3日&2020年8月17日( 両日とも13:00~15:00 )に、自社スタジオ( 東京都渋谷区 )とZoomを利用したWEB会場で同時開催する。

 

REGENシリーズは今年に入って2商品をリリース、エステや美容室にも取り入れられている。

 

大ヒット水素商材 REGEN H2シリーズにサプリメントとエッセンスが登場

 

今回の導入講習で取り上げられるのは4月に発売された美容液。REGEN H2エッセンス を使った夏のケアや悪玉活性酸素に着目したケア方法を説明する。

 

REGEN H2 エッセンス  (30g) 8,800円(税抜)

 

REGENH2エッセンスは、水素に特殊なたんぱく質をコーティングし、従来を上回る水素発生率を実現。水素商品は数あれど、水素発生量に絶対の自信を持っている。

 

講師を務めるのは、Amazing J World株式会社のCEOであり開発者の井上 純一氏。

 

井上 純一
1980年生まれ。平成27年にAmazing J World株式会社を設立。商品開発の傍ら、5年で全国のエステ・理美容院1,000社以上を訪問。そして、みずからの経験と最新のマーケティング理路を融合させた独自理論を開発。本質の理解により生まれるプロフェッショナルは、長期に渡る利益をもたらすことを伝える。

 

美容業界で水素ブームが起きたのはいまから6〜7年前。2007年に英誌「Nature」にて選択的抗酸化能力(悪玉活性酸素の除去能)が証明されたのがきっかけとなり、美容業界以外でも様々な商品が排出されてきた。水素の扱いは非常に難しく、良くも悪くも注目されてきた、というのが事実だろう。

 

アメージングJワールド社は、ブーム前から有識者及び研究者の助言とともに水素の情報を発信し、商品開発にもチカラを入れてきた。全商品に第三者機関発行の証明書を取得するなど、取り扱うサロンや商品を説明する施術者・使用者の安心・安全を第一に製造してきた。正しい情報を訴求するためのセミナーも数多く開催しており、およそ1,000回以上の実績を持っている。

 

今回のセミナーでは商品説明や使用方法の他に、「有名だけれどイマイチよくわからない怪しい商材」とお客様をはじめ一般消費者が思っている水素のウイークポイントを払拭するわかりやすい説明と正しい情報を共有し、「抗酸化」+「長期収益化プラン」というWITHコロナ時代の物販の考え方もレクチャーする。

 

 

REGEN H2 エッセンス導入講習会
2020年8月3日(月)&2020年8月17日(月)
両日とも13:00~15:00
会場は、
Amazing J World株式会社本社 AJWスタジオ(東京都渋谷区代々木1-55-2 大和ビル3F、JR総武線代々木駅北口・都営大江戸線代々木駅より徒歩3分)
WEB会場(Zoom)
感染防止策のため、会場参加の場合はマスク着用・自身での体温測定は必須。会場内では、アルコール設置や空間除菌、十分な換気を行ったうえで開催する予定。

 

問い合わせ先
Amazing J World株式会社
03-5309-2936

text : yuni nojima
【NOT SPONSORED】この記事はesthete編集部オリジナル記事です。メーカー提供の情報・アイテムを含みます。

Ranking

Rank: 1 column

国民生活センターが調べた銘柄全部公開!ヤバいまつ毛美容液

Rank: 2 化粧品

マッコイから新しいスキンケア 。ヒト幹細胞培養上精液を配合した『マクセリースキンケア』

Rank: 3 インナーケア

韓国式置き換えドリンク「SKAEIN(スケイン)」日本上陸。韓国ダイエットサプリの国産版として注目

Rank: 4 column

ついにセルフエステの危害とトラブルを国民生活センターが公表!いちばんの問題点はなに?

Recommends

column

もうごまかしが効かない!資生堂がたるみの評価方法を開発!製品使用の結果を「たるみ指標」で判断、揺るぎない実感の勝ち取りへ

column

百貨店で販売展開するCBDメーカー OOHAAHが業務用&サロン向け商材を発売。良い製品の見分け方も解説

column

HBS卒業の敏腕女性経営者が創るウェルビーイング スキンケア。初上陸「Tatcha」の多角的な魅力を紹介

column

化粧品100個からOEM可能はレアではなくなる?化粧品OEMプラットフォーム「YFOS」

Proudly powered by WordPress テーマ: esthete.