化粧品

マスクの目元を美しく。眉毛とまつ毛のサロン専売目元ケアブランド「リルジュプロシリーズ」発売

RERUJU(リルジュ)アイラッシュエッセンス プロが、新製品2品を追加してサロン専売プロ向け目元コスメブランド『リルジュプロシリーズ』として新スタートする。

 

 

リルジュアイラッシュエッセンス プロは、株式会社AIJが製造販売するまつげ美容液。2007年からサロン専売されており、まつげ美容液にはじめてGFを配合して話題となった。サロン専売品ということもあり、開発やリニューアルにはまつげエクステサロンの声を反映してきた。コスメティックブランドとしてスタートする今後も、販売方法などは変わらない。

 

 

ブランドメッセージは「上向きの顔」


 

リルジュプロシリーズが目指すのは、第一印象に自信が持てる目元を作ること。理想の目元はTPOやメイクによっても変わるが、その全てに応えられる目元に導く。こだわりの成分を惜しみなく配合し、確かな効果が自信につながるようサポートする。自信を持って心と視線を上向きに、というマスクが標準装備となったいまにピッタリなコンセプトだ。

 

 

株式会社AIJの須賀雅信代表は科学研究出身。エビデンスに確証のある成分だけを厳選し、論文に基づいた皮膚テクノロジーで作り上げるスタイルは、サロン専売にふさわしい結果を約束してきた。また、リニューアルや見直しも行っており、最先端の成分採用や、安全性にもこだわっているのが特長だ。

 

 

新製品はアイブロウとまつ毛コーティング


 

eyebrow essence pro

アイブロウエッセンスゼロ 6ml 3,900円(税別)

 

高濃度のまゆげケア成分(ワレモコウ、ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド、センブリエキス、オランダガラシ葉、18種のアミノ酸、セイヨウアカマツ球果エキス、チャ葉エキス)が高い養毛効果を発揮し、すっぴんでもナチュラルなボリューム眉毛をプロデュース。毛周期を整えて脱毛を防ぎ、1本1本を太く健康的に導く。

 

 

eyelash coating pro

アイラッシュ コーティング プロ 7ml 3,200円(税別)

 

カールロック成分(コポリマー、PVP)をたっぷり配合、エクステのバラつきやヘタりを整え、塗るたびに美しいカールが蘇る。一日中上向きカールキープ効果も。
まつ毛ケア成分が脱毛を防ぎ、乾燥やまつエクによるダメージをケアしながらツヤを与え、まつ毛そのものまでリペア。クリアマスカラやマスカラ下地としても使用できる。

 

eyelash essence pro

アイラッシュ エッセンス プロ  2ml 4,400円、4ml 6,000円 すべて税別

 

まつ毛が生えていなかった部分からも発毛を促し、まつ毛の密度を高める美容液。独自の浸透技術で毛穴の深部までケア成分(ヒト遺伝子組換ポリペプチド-3、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-4、ヒトオリゴペプチド-13、合成ヒト遺伝子組換ポリペプチド-31、アセチルデカペプチド-3、アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキス、オリゴペプチド-41)を届け、高い効果を発揮する。

着色料、香料、シリコン、パラベン、鉱物油、アルコール、合成酸化防止剤、合成界面活性剤フリー。

 

 

リルジュプロシリーズは、まつ毛サロンを中心に店頭販売(卸売/仕入れ)を募集中。

株式会社AIJ
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-8-8
サロン事業部直通 0120-918-435

 

 


Text : yuni nojima
【NOT SPONSORED】この記事はesthete編集部オリジナル記事です。メーカー提供の情報・アイテムを含みます。

Ranking

Rank: 1 サロン

整体師・楽しんごに10の質問!経営は?どんな施術するの?スタッフは?

Rank: 2 サロン

マスクたるみは筋肉ほぐしで解消。顔の筋膜リリースで顔バランスを整える「CORE FITフェイシャル」

Rank: 3 column

国民生活センターが調べた銘柄全部公開!ヤバいまつ毛美容液

Rank: 4 column

おうちカフェでは断然、粉ミルク派です!サプリを蹴散らす「オトナ用粉ミルク」に私が沸く理由

Recommends

column

クリームにブルーライトカット機能。寝る前スマホがやめられない美容賢者のための夜ケア20NEO

column

ルアモからUVパウダー ヴェール発売。365日続くUVとブルーライトケアから肌を守るしっとり質感

column

TBC ハンドセラムが再販決定「化粧品を触るからいつも美しいエステティシャンの手指」の反響大きく

column

アップサイクルコーヒー豆のシュガースクラブ「ハグブラウン・エスプレッソボディショット」