ネイル

30分で仕上がるジェルでフットネイル。コロナでサロン離れしたお客様を呼び戻すことができるかも?

新型コロナウィルスの自粛要請で、毎月のサロン通いが途切れたジェルネイルユーザーは多い。伸びっぱなしでどうしたらいいの?という声も自粛中はSNSを中心に多く聞かれ、見かねたサロンがセルフオフできる用品一式を通信販売で売り出すなど、今までにない混乱が起きたネイル業界。自分でオフしてからセルフに転向してしまったユーザーも一定数いるため、「なかなか常連顧客がサロンに戻ってきてくれない」という悩みを抱えるネイリストもいるようだ。

 

・施術時間が短くすぐに終わる
・ネイルシールよりも手が込んでいる
・安い
・甘皮などのケアもしてもらえる

 

株式会社 サン・フローラが運営する「ネイルサロンcherir 西葛西」は、この4つの利点を最大に生かした施術をこれから需要が見込まれるフットネイル用としてメニューに加えた。

 

 

30分の秘密はベースのいらないワンステップジェル


施術に使用するのは、現役オーナーネイリストの鎌田沙紀さんが2年以上の歳月をかけて開発したワンストップジェル。国内工場と提携し、何度も試行錯誤を繰り返して完成したというフット用のワンステップジェルは、ベース無しでも安定した定着度を持ち、発色を邪魔しない、トップ不要の艶を実現している。仕入れ、流通、全ての面でコストを下げる事に成功しており、価格面でもコストダウンを実現させた。このオリジナルフットジェルは、化粧品登録済み、日本製。品質もとても良く、持ちは平均2か月、最長伸びきるまで。

 

 

ネイルスクールを主催し、ネイル雑誌への寄稿も行う鎌田オーナーだけでなく、雑誌「NAIL VENUS」にもデザインチップを掲載しているトップアーティストや爪・肌の栄養学に詳しいネイリストも施術を行う。

 

 

夏が来る!フットジェルキャンペーン(初回オフ無料対象外)として、Hotpepper のサロンメニューにも掲載。料金はオフ料は含まず2980円。都内のサロンしては衝撃的だ。

 

サロンはコロナ対策もバッチリ!

 

 

フットは断然ネイルシールが人気。コロナ禍の影響?


 

100円でネイルシールを販売するコスパモール Qoo10は、ネイルシールの売上が伸びている様子。爪に合わせてシールを貼り、ファイルで削って整える。トップコートを塗って完成。十分ジェルネイルに見える仕上がりになる。ネイルシール自体がジェルのような質感で作られているため、「ジェルのフットと間違えられることも多く、自分で付け替えができるので簡単」と愛用者は話す。

100円でチェンジできるフットネイルを愛用するユーザーが増えたいま、昨年と同じ価格でフットネイルを利用する人は少ないかもしれない。アフターコロナは除菌対策だけでなく、簡易化・低価格化も必要かもしれない。

 

 


 

text : yuni nojima
【NOT SPONSORED】この記事はesthete編集部オリジナル記事です。メーカー提供の情報・アイテムを含みます。

Ranking

Rank: 1 サロン

整体師・楽しんごに10の質問!経営は?どんな施術するの?スタッフは?

Rank: 2 NEWS

元Jリーガー小椋祥平が開設するリカバリーサロン「Re : room」のウリはパワーナップ(昼寝)!

Rank: 3 column

国民生活センターが調べた銘柄全部公開!ヤバいまつ毛美容液

Rank: 4 化粧品

ラミューンジェルが革命級と噂!MTGの業務用トリートメントジェルが好評

Recommends

化粧品

STYLING COLLECTION 2020がオンライン開催を決定、8月3日からエントリー開始へ

化粧品

JNAが東京ネイルエキスポ2020 の開催中止を発表。WITHコロナ時代のネイルイベントを企画中

化粧品

スターギャラクシーが大人気!2020の夏トレンドはマグネットでキラキラネイル

化粧品

ネイルデザインに10いいねで1ポイントプレゼント。ネイリーがポイントシステム開始