• HOME
  • esthete
  • スキンケア
  • BIOHEAL BOH(バイオヒールボ)のタンタンクリームがリニューアル 「プロバイオダーム3Dリフティングクリーム」店頭販売も開始

BIOHEAL BOH(バイオヒールボ)のタンタンクリームがリニューアル 「プロバイオダーム3Dリフティングクリーム」店頭販売も開始

プロバイオダーム™3Dリフティングクリーム

韓国ヘルス&ビューティストアOLIVE YOUNG(オリーブヤング)のプライベートブランド・BIOHEAL BOH(バイオヒールボ)の累計100万個以上を販売する大ヒットアイテム「プロバイオダームリフティングクリーム」と「プロバイオダームリフティングセラム」のリニューアルバージョンが日本上陸。プラザとミニプラザで2024年5月10日(金)から先行発売する。

 

BIOHEAL BOH プロバイオダーム3Dリフティングクリーム

50ml 3,300円(税込) 2024年5月10日(金)先行発売

BIOHEAL BOH プロバイオダーム3Dリフティングクリーム

「タンタンクリーム」として人気を博したリフトアップクリームが「3Dタンタンクリーム」としてリニューアル。うるおい感やなめらかさがアップした一方で、重さやベタつきはダウン。季節や時間を問わず、いつでも心地いいエイジングケアが可能に。韓国では単体でも大人気だが、同ラインの美容液との併用がおすすめ。パッケージも高級感のある丸みあるフォルムにチェンジ。ファミリーシェアもおすすめ。

 


BIOHEAL BOH プロバイオダーム3Dリフティングセラム

30ml 3,300円(税込) 2024年5月10日(金)先行発売

BIOHEAL BOH プロバイオダーム3Dリフティングセラム

360°隙のないハリツヤ肌に導く3Dリフティング美容液。糸をひくほどトロリとした感触は、濃密なテクスチャーでありながら、肌に溶け込むようになじみ、吸い付くほどのもっちり肌へ。まるで美肌フィルターをかけたかのようにキメが整う仕上がりは、ずっと触っていたくなるほどの心地よさ。

 

「プロバイオ3Dダームリフティング エイジングケア」のリニューアルポイント

リニューアルのポイントは、進化した乳酸菌成分の「プロバイオダーム™」をはじめ、うるおい成分の「Core 3D Vuilder™」も追加。ペプチドは、12種類から17種類に増やして配合。パッケージも高級感のある丸みを帯びたデザインに変更。手に持ちやすく馴染みやすい形状になった。

密着感やハリ感がアップグレードしたにもかかわらず、これまでの商品より軽くベタつき感のないテクスチャーに進化。肌への摩擦感が少なく、心地よく快適に使用できることにまでこだわった。

プロバイオ™3Dダームリフティング エイジングケア

プロバイオダーム
主力成分の「プロバイオダーム™」は、3つの乳酸菌(ラクトバチルスラムノサス、ラクトバチルスロイテリ、ラクトバチルスプランタルム)を組み合わせた独自特許成分。優秀な菌株を探すために4段階のスクリーニングプロセスを経て、なんと66.6倍もの競争率で勝ち残った3種の菌株を選抜。1年半という長い時間をかけて開発されている。豊かなハリを与え、肌のバリアを守る働きがある。
「プロバイオダーム™」の表示成分名は、アデノシン乳酸菌桿菌発酵液フルクトオリゴ糖フルクタンイヌリンパンテノールベタインβ-グルカン

Core 3D Vuilder
「Core 3D Vuilder™」は、2種類の多糖類(サポニン水溶性プロテオグリカン)を、最適と考える組み合わせで配合さした特許成分。表示名は、水溶性プロテオグリカン、グリセリン、ミネラル塩、サポニン(界面活性剤)、水。

プロバイオ™3Dダームリフティング エイジングケアリニューアルポイント

 


【NOT SPONSORED】この記事はesthete編集部オリジナル記事です。メーカー提供の情報・アイテムを含みます。

関連記事