チークだってサステナブル。無農薬の国産素材でつくったAMRITARAのチーク

チークだってサステナブル。無農薬の国産素材でつくったAMRITARAのチーク

国産であること、環境に負担をかけない原料であることを第一にコスメやフード作りを続けるアムリターラから、2種のチークが発売。食生活だけでなく、スキンケアやメイクなど含めたサステナブルな生き方にこだわるナチュラリストに向けたクリーンコスメだ。

AMRITARAからチークが発売

注目すべきは、肌に優しいだけでなく、欲しい機能やメイクアイテムとしての使いやすさも十分備えている点。

原料は、農薬を使わずに育ったダマスクローズとハイビスカス(ブッソウゲ花エキス)。紫外線吸収剤や合成着色料、タルク、合成防腐剤、シリコーンオイル、コチニール、ナノ粒子は不使用。

クリームチーク

ダマスクローズチーク 全2色/各3,200円(税抜)

さらに、クリームチークはSPF40、PA++++を実現。紫外線を受けやすい頬だからこそこの配慮は画期的!とにかく香りに癒やされるのも、AMRITARAならでは。色味は、クリームチークにありがちなシアー感はなく、肌そのものを美しく見せるツヤと、いわゆるモテ色な血色系発色。時間がたってもくすまないという点も優秀。

パウダーチーク

ハイビスカスチーク 全2色/レフィルとコンパクトのセット 各3,200円(税抜)

パウダーチークは、酸化チタンや酸化亜鉛をもカット。徹底的に優しい処方を貫いた、勝田代表の思いそのものが詰まっているように感じるアイテムだ。

 

AMRITARAってどんなブランドなの?

AMRITARAが「こだわりのナチュラルコスメ」として知られる理由は、勝田小百合代表のサステナブルスピリットにある。

勝田氏は、モデル時代から化粧品の成分を重視したスキンケアとメイクアップを実践しており、パニック障害の治療で食の大切さ、植物の力、カイロプラクティックに出会い、カイロプラクターに転身。多くのお客様と接するうちに、体や肌の不調が環境問題にもつながることを発見。以来、化学物質が引き起こす問題に取り組むようになり、自らでサステナブルを実践するためにAMRITARAを立ち上げた。AMRITARAは「真の美容と健康は環境問題と切り離すことができない」と宣言しており、直営店はグリーン電力100%で運営、室内も電磁波をできるだけカット、国産​無垢材やオーガニック塗料で作られている。再生紙の使用やフェアトレードの推進、地域の特産物を積極的に使用し、生産者と直接契約を結ぶなど、企業姿勢にもスピリットが溢れている。

 

オンラインストアでは、10月1日まで、ファンデーションとセットで5%オフになるキャンペーンを開催中。

AMRITARA未体験の方はこの機会に是非!

 

 

文 yuni nojima, ayumi hamachi

【NOT SPONSORED】この記事はesthete編集部オリジナル記事です。ブランド提供の情報・アイテムを含みます。