サロン

フランスの ANNAYAKE 初上陸!トータルウェルネスの発信地としてOkura Fitness & Spaがリニューアル

ホテルオークラ東京の本館工事がいよいよ今夏に終了。9月12日よりThe Okura Tokyoと名称を改め、OPENする。40有余年にわたってエグゼクティブのパーソナルな健康づくりをサポートをしてきた「オークラヘルスクラブ」もリニューアル。スパを新設したOkura Fitness & Spaとして生まれ変わる。

これは楽しみ!

Okura Fitness & Spaがリニューアル

「Okura Fitness & Spa」は、The Okura Tokyoの「オークラ プレステージタワー」26階と27階の2フロアに展開。ホテルエントランスより、エレベーターで27階のレセプションフロアへアクセスできる。

Okura Fitness & Spaがリニューアル

会員とビジター、男女を分けることはせず、開放的なつくり。トレーナーによるマンツーマンストレッチ、マシンジム、プール、サウナ、程よい疲れを癒せるリラクゼーションルームなど、さすがの設備。さらに、体成分分析装置のInBodyを導入、クラブルームでは、栄養士がサービススタッフを務め、オリジナルの健康ジュースなどを提供するなど、インナーボディにも力を入れている。

 

やっぱり目玉はオークラ初のトリートメントルーム!

完全個室の7室での展開。内4室は窓からの眺望がより一層の解放感を高める高層階ならではのプロデュース。2名利用のためのシャワーを併設したツインルームは3室、さらに内1室には浴槽・スチームサウナも完備。

オークラ初のトリートメントルーム

自分のためはもちろん、接待にも使えそうなラグジュアリーさ!欧米では、ビジネス上の重要な話をするとき、2人きりでリラクゼーションもできるスパを使用することもあるという。文字通り、裸の付き合いというわけだ。

 

化粧品は、日本には初上陸、そして国内ではオークラだけの展開となる、フランス「アナヤケ」のプロダクトと独自メソッドによるトリートメントを導入。男女・年齢を問わず最高のリラックスタイムを提供する予定だ。

 

日本の伝統素材を使ったフランスの化粧品アナヤケとは?

アナヤケのテーマは“East meets West”。東洋と西洋の美の秘訣を融合させたコスメブランドとして、1988年に誕生。フランスのブランドには珍しいコンセプトだ。

アナヤケ

表面だけでなく心までを潤し癒す、日本のきめ細やかな美容の概念がベースとなっており、葛や炭、竹などを使用。日本とヨーロッパ双方での研究で製品開発を行っている。

日本では聞き慣れないブランド名だが、スキンケアを中心に、メイクアップ、フレグランスまでの豊富なラインアップを持っており、世界25ケ国で展開している。今回の上陸は逆輸入といったところか。

アナヤケ

活性成分のほとんどは植物からの天然由来。トリートメントユースのラインは、コラーゲン組織を再強化するのに効果的な葛の成分を配合したULTRATIMEシリーズ、竹から抽出する水・樹液・樹皮からのアミノ酸、オリゴ糖、ミネラルを豊富に含み、細胞の活性化をサポートするBAMBOOシリーズ。

男性の肌特性に合わせたMENシリーズも完備。活性炭やオウバク樹皮エキスで不純物や過剰な皮脂を取り除き、ユーカリの成分でシェイヴィング後の肌を整える。

アナヤケメンズライン

 

トリートメントメニューは、「五行思想」がモチーフ

5つのトリートメントメニュー(18,000円 ~ 33,000円)

  • Tsuchi  <デトックス&ピュリファイ>あらゆる人に 特に男性や若い世代へ

フェイシャル90min. ボディ60min. / 90min.

  • Moku   <再生>35歳以上の男性・女性

フェイシャル90min. ボディ90min. 足湯・スクラブ含む

  • Sui  <疲労回復>多忙な人に 時差からの回復

フェイシャル(マスク付き)90min. ボディ90min. 足湯・スクラブ含む

  • Hi       <美肌>女性向け 肌の深部へアプローチ、くすみを払って明るい肌へ

フェイシャル90min. ボディ60min.

  • Kin  <温め>心身を温めて体の回復を促す

フェイシャル60min. ボディ60min.

*Tsuchiはオークラオリジナルメニュー。

 

アナヤケ

メニューを選び、ルームに足を踏み入れた瞬間から施術がはじまる、と考えているのもエステティックサロンが見習うべき点。5つのメニューそれぞれの目的に合わせた香りが用意されており、室内を香りで満たしてからお客様を誘導する、という徹底ぶりだ。

 

マッサージに用いるベースオイルはシンプルではなく多層的に五感に働きかけるよう設計されている。とたえば、「ホワイトフラワー」には、ベルガモット、イランイラン、ヒヤシンス、ローズ、クチナシ、ホワイトジャスミン、ブルーアイリス、ホワイトムスクと、パルファムのように贅沢な配合。五感に働きかけ、フィジカルにもメンタルにも芯からの回復と癒しを与えることを目的としている。

こちらはぜひアロマセラピストのみなさんに体験してほしい部分。

 

宿泊はもちろん、スパの予約もオープンに先駆けてスタートしている。

展示会や出張の際に訪れてみては。

 

 

文 yuni nojima

【NOT SPONSORED】この記事はesthete編集部オリジナル記事です。ブランド提供の情報・アイテムを含みます。

Ranking

Rank: 1 サロン

整体師・楽しんごに10の質問!経営は?どんな施術するの?スタッフは?

Rank: 2 column

ニューノーマルなバスタイムはウルトラファインバブルしか勝たん!美肌のお守りを使い比べ

Rank: 3 NEWS

LUSHでトリートメントが受けられるという衝撃!スパ付きフルボディも新宿店でデビュー

Rank: 4 サロン

TBCの新事業「グロウ ジュース スタンド」に行ってきた!スイーツは全部グルテンフリー、スムージーはサプリ入り

Recommends

サロン

佐伯チズさんの「サロンドール マ・ボーテ」が麻布の個室シェアサロンに移転オープン

サロン

耳で睡眠負債を解消?耳のリラクゼーションサロン 「アイフィーリング有明ガーデン店」オープン

サロン

TBCの新事業「グロウ ジュース スタンド」に行ってきた!スイーツは全部グルテンフリー、スムージーはサプリ入り

サロン

ザ・ブセナテラス のエステルームがTALGOを採用、Terrace Spaとしてリニューアル