サロン

uka 東京ミッドタウン 六本木がリニューアル。エステを加えて、ニューノーマル仕様にアップデート

株式会社ウカが運営する「uka 東京ミッドタウン 六本木」が、リニューアルオープンした。コンセプトは「新・距離感宣言」としながらも、施術メニューにはエステティックを加え、ニューノーマルとなった現在でも長く付き合える・通えるサロンとして生まれ変わった。

 

 

ニューノーマルのいま、長く通えるのはどんなサロン?


 

リニューアル後は、「距離」に関連したアイディアがたくさん詰まっている。もちろんサロン自体は、これまで通りトータルケアを目指すものだが、マスク生活、在宅勤務やZOOMでの会議などが増えた現在にマッチするサービスを提供する。

 

uka 東京ミッドタウン 六本木店舗画像0

 

SHORTEN THE DISTANCE(距離を縮めよう)

 

時間と時間の距離を縮め、ビューティーをより効率的にコンパクトに 
提供する技術はヘア、ネイル、ヘッドスパ、アイラッシュ、フェイシャルエステ。新たに加わったフェイシャルエステには、なんとハイフを導入! 同時施術でできるクイックなエステメニュー、シャンプーブローのみの回数券など、忙しく短時間かつピンポイントで施術を済ませたい大人に向けた新たなメニューも用意されている。

 

uka 東京ミッドタウン 六本木店舗画像2

 

ヘアは「1cut 3ways」でジェンダーレスかつエイジレスなスタイルを
ヘアでは1回のカットで3通りのスタイルが楽しめる「1cut3ways」をポリシーに、性別や年齢の垣根を超えたスタイルの提案を行う。普段とは少し違ったスタイリング方法や質感の表現を、好みや理想のスタイルに合わせてアドバイスする。いつものスタイルにちょっとしたスパイスを与えることで、ジェンダーレスかつエイジレスな自分らしさをかんじてもらうための施策だ。

 

水はすべてクリンスイの超軟水を使用 
施術に使用する水にもこだわっている。肌や髪にやさしいクリンスイの超軟水を採用し、お水一つで髪や肌が変わる効果を実感してもらう試みだ。店頭に置かれているウォーターサーバーでえ、自由に超軟水を飲むことができる。インナーケア、アウターケア両方に同じ水を使用しているというアピールは、ありそうでなかったもの。ビューティーと水の関係をもっと近くに感じてもらうためのアイディアだ。

 

ukafe(ウカフェ)ではヴィーガンメニューを堪能

 

ukafe店舗画像0

 

サロンの隣にある「ukafe」では、有機野菜をたっぷり使用したukafeボウルやヴィーガン弁当、ビューティージュースなどが楽しめる。広々としたテラスも完備し、座っているだけで癒やされそうだ。食事は、施術中に席までデリバリーすることも可能。

朝にサロンを訪れた利用者には、ミニドリンクやスープのプレゼントを行うなど、これまでになかったサービスも開始する。美容と食の距離を縮め、アウターケアをしながらインナーケアも感じてもらう「新しいきれい」を提案する。

 

ストア機能も充実化!ホームケアとサロンの結びつきをもっと身近に

 

uka 東京ミッドタウン 六本木店舗画像1

 

店頭にはオリジナルプロダクトがフルラインナップで並ぶ。トータルビューティーコーディネーターも駐在しており、悩みや肌状態に合わせた最適なプロダクトの提案やアドバイスを行う。充実したホームケアのために、手に取って香りやテクスチャーなどを確かめることができる。

 

最新情報やキャンペーンなどを配信するメンバーズクラブ「ukainn(ウカイン)」
uka顧客のビューティーメンバーズクラブ「ukainn(ウカイン)」は、最新情報の配信はもちろん、オンラインで24時間365日いつでもサロンの予約ができる。直営のサロン、ストア、カフェ、公式オンラインストアukakau(ウカカウ)のどこをご利用しても共通ポイントが付与される。ポイントが貯れば会計時に使用可能というのもうれしい。その他、特典も用意されている。

 

 

K   E   E   P        D   I   S   T   A   N   C   E   (   距 離 を と ろ う )

 

クリーンビューティーで長く通い続けられるサロンに
ukaのこだわりのひとつが、オリジナルプロダクトはもちろん、施術で使用する製品1つ1つも可能な限り天然由来のものを使用していること。ヘアカラーにはヘナを使用したメニューを導入、ケミカルな材料との距離を遠ざけていく狙いだ。また、プラスチック不使用の徹底やカラー材のアルミ容器のリサイクルを行うなど、環境に負担をかけることを遠ざけており、脱炭素型サロン、CO2削減も目指す。サロン内でエステやヘアケア、ネイル施術がうけられるため、余計な移動距離も少なくしているのも利用者には嬉しいタイムコストの削減になっている。

 

席の間隔は1.5m。個室も2部屋完備

安心して施術をお受けいただくために、ソーシャルディスタンスを徹底。隣の席との距離を十分に取り、シャンプー台にはカーテンの仕切りを付けた。周りに気兼ねなく、ゆったりと施術が受けられる個室は2部屋を準備。小さな子どもなど、家族での来店も行えるようになった。

 

uka 東京ミッドタウン 六本木店舗画像6

 

uka 東京ミッドタウン 六本木 
〒107-0052
東京都港区赤坂 9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア 2F ビューティー&ヘルスケアフロア
03-5413-7236
9:00~21:00
※事前予約および個室利用で8時から利用が可能。個室料3,300円(税込)。
https://www.uka.co.jp/salons/midtown/

 

 


Text : yuni nojima

【NOT SPONSORED】この記事はesthete編集部オリジナル記事です。メーカー提供の情報・アイテムを含みます。

 




 

 

Ranking

Rank: 1 column

国民生活センターが調べた銘柄全部公開!ヤバいまつ毛美容液

Rank: 2 化粧品

マッコイから新しいスキンケア 。ヒト幹細胞培養上精液を配合した『マクセリースキンケア』

Rank: 3 インナーケア

韓国式置き換えドリンク「SKAEIN(スケイン)」日本上陸。韓国ダイエットサプリの国産版として注目

Rank: 4 column

ついにセルフエステの危害とトラブルを国民生活センターが公表!いちばんの問題点はなに?

Recommends

column

ロイヤルパークホテルにロクシタンのリラクゼーションサロン「LA VILLA Spa by L’OCCITANE Tokyo」が都内初進出

column

ネイルステーションがリブランディング。カラーだけじゃない、健康を支える「ライフネイルサロン」に進化

column

SHIROのヘア&スパに新メニュー「夏肌リセットフェイシャル&頭皮ケアヘッドスパ」

column

精神的・肉体的・社会的な困難を抱えている方のためのソシオエステティック専門サロン「珠ちゃんサロン」オープン

Proudly powered by WordPress テーマ: esthete.