美容ガジェット

SIXPAD Facial Roller、満を持して登場!顔の筋肉をストレッチするという新アプローチ

SIXPADから遂にフェイシャルローラーが誕生。

SIXPADは、世界的な運動医科学の権威である森谷敏夫氏(京都大学名誉教授)のEMS理論、MTGが開発した独自波形、クリスティアーノ・ロナウド選手のトレーニングメソッドの3つのシナジーが生み出した“CMM Pulse”をコアテクノロジーとして2015年に誕生したブランド。現代の健康ニーズに応えるべく、さまざまな製品を生み出してきた。エステサロン、スポーツジム、美容室など幅広い販売チャネルを持っているのも特徴だ。

SIXPAD Facial Roller

SIXPAD Facial Roller(シックスパッド フェイシャルローラー)  約100.5cm×229.8mm×65.6mm 18,000円(税抜)

顔の筋肉をストレッチして流すというSIXPADらしい理論

 

美しさは整っていること。美しい筋肉が形取るラインは、アスリートのボディが理想。そんなアスリートの表情は、どこにもよどみがなく、常に引き締まっている印象ではないだろうか。SIXPAD Facial Rollerがめざすシャープなフェイスラインやチークラインはまさにそれ。男女関係なく、骨格と筋肉を美しく見せるためのフェイスギアだ。

 

ローラー部分は、2つの球体の間に凹みがあるデュアルタッチローラーを採用。計算され尽くした角度が肌を広くとらえて押し流す。一度に顔の左右を均一にほぐすことのできるディアホーンフォルムは、顎と頬に合わせた絶妙な角度に設計。あらゆる骨格に対応するために、持ち手部分が開閉して調節できるフレキシブルワイドグリップも、同社の美容ローラーRefaにはない工夫だ。もちろん微弱電流のマイクロカレントも発生。バスルームでも使えるよう、防水加工も施してある。

上向きに持った場合

ローラーはどう持っても使える仕組みで、ローラーを上向きに持てばチークラインのストレッチが、下向きに持てばフェイスラインのストレッチに最適だ。下向きに持った場合男性や外国人の受け入れが多いサロンやスパは、Refaよりこちらの方がフィットするかもしれない。店販としても好調な売れ行きを見せるSIXPAD。ぜひ本物に触れてユニークな構造を確かめて欲しい。

 

 

文 yuni nojima

【NOT SPONSORED】この記事はesthete編集部オリジナル記事です。ブランド提供の情報・アイテムを含みます。

Ranking

Rank: 1 インタビュー

整体師・楽しんごに10の質問!経営は?どんな施術するの?スタッフは?

Rank: 2 column

国民生活センターが調べた銘柄全部公開!ヤバいまつ毛美容液

Rank: 3 化粧品

マッコイから新しいスキンケア 。ヒト幹細胞培養上精液を配合した『マクセリースキンケア』

Rank: 4 column

ついにセルフエステの危害とトラブルを国民生活センターが公表!いちばんの問題点はなに?

Recommends

column

リファからヘアブラシが登場。頭皮と髪の両方を美しく、清潔に。『リファイオンケアブラシ』

column

HIFUを美容サロン向けに応用した最軽量のハイフォーカス機器『エボリューションカービング』新登場

column

このシール説明できる?SIXPADの足を乗せるEMS機器 SIXPAD Foot Fit Lite(シックスパッド フットフィットライト) が 健康増進機器 に認定

column

肌に直接プリントできるハンディプリンターが日本上陸。お湯落ちインクで安心、サロンのオプションとしていかが?