• HOME
  • esthete
  • スキンケア
  • MTメタトロンが遂にオンラインショップをOPEN!サロン専売は一部商品のみ、EC限定ラインやスターターキットなどを展開

MTメタトロンが遂にオンラインショップをOPEN!サロン専売は一部商品のみ、EC限定ラインやスターターキットなどを展開

MTコスメティクス株式会社が2021年10月8(金)に「MTメタトロン公式オンラインショップ」をオープン!

MTメタトロンは、美魔女のバイブル的美容雑誌「美STORY」への広告や、各地百貨店でのポップアップストアなどで、クリニック・サロン専売化粧品ながらも知名度を上げてきたブランドのひとつ。

ここで大きくD2Cに舵取りをするのではなく、WEBショップでは一部の商品のみを販売します。

MTスターターキット

3,850 円(税込)

MTスターターキット 3,850 円(税込)

<セット内容>

・MTクレンジング ジェル 30mL

・MTフェイシャル フォアミング ウォッシュ 10g

・MTファーストステップ ローション 30mL

・MTエッセンシャル セラム 5mL

・MTコントア B クリーム 7g

その名の通り、はじめて使用する方向けのデビューセット。一人1回のみの購入と限定されており、現品の販売はWEBショップでは行わない予定。効果を実感したら、サロンやクリニックに足を運んでほしい、という想いがあるようです。

メインはオンライン限定スキンケアライン


オンラインショップ開設にあたり、ブランド側は「コロナ禍における肌悩みの増加」を開設理由の一つに上げています。生活様式が変化し、さらにマスク着用での新たな肌荒れ、マスク効果による視線移動に伴う悩みの出現など、個人の肌悩みは多種多様化してきました。

ひとくちに「エイジングケア」「肌荒れ」の改善といっても、今は細かなオーダーが伴うのが普通になってきた、ということ。

オンラインショップでは、こうした悩みにより効果的にアプローチできるラインを提案していきたい、という想いがあるようです。既存の商品を体験する入り口だけでなく、限定ラインが2つも用意されています。

根本からの肌ケア・環境ストレスケアに着目「プラチナライン」

NADH、アルテロモナス発酵エキス、リンゴ果実培養細胞エキスの3つの成分の力を最大限活かし、上質な潤いとピンとしたハリ感、透明感を目指すスキンケアライン。紫外線や有害物質でダメージを受けた肌に働きかけます。

プラチナライン

MT プラチナ ローション 120mL 14,520円

MT プラチナ・セラム 30mL 18,150円

MT プラチナ・エマルジョン 50mL 16,940円

MT プラチナ・クリーム 30g 21,780円

MTプラチナ・アイクリーム 20g 24,200円

MTプラチナ・ミニボトルセット プラチナラインの3種 7,700円

※すべて税込

※ミニボトルセットはお一人様1回限り

肌弾力の低下に働きかける「サイエンスライン」

タウリン、カルノシン、アーチチョーク葉エキスの3つが主要成分。肌のきめ細かさやハリ・弾力を取り戻すことを目的に、MTメタトロンのポリシーを体現したライン。しわや肌弾力の低下原因を徹底的に追究するパワフルさが魅力。

サイエンスライン

MT サイエンス・ローション 150mL 8,030円

MT サイエンス・セラム 30 mL 12,100円

MT サイエンス・クリーム 40g 9,680円

MT サイエンス・マスク 30mL×6枚 11,880円

MT サイエンス・ミニボトルセット サイエンスラインの3種 3,850円

※すべて税込

※ミニボトルセットはお一人様1回限り

限定店舗も小田急百貨店 新宿店にオープン


また、2021年10月 6 日(水)には小田急百貨店 新宿店の化粧品フロアに限定店舗をオープン。こちらの化粧品カウンターでも、プラチナシリーズやサイエンスシリーズを販売しています。サロン専売商品も、もちろん手に取ることができるので、導入を検討している方や気になっているプロはチャンスかもしれません。来店プレゼントや購入ギフト、プレミアムコフレの販売など、サロンとは違ったアプローチで商品とお買い物を楽しむことができます。

MTメタトロン小田急新宿店

ニューノーマルでのプロフェッショナル商品のあり方やアプローチの方法など、MTコスメティクスは様々な試みをはじめています。商品に触れるとともに、今後に是非注目してください。


【NOT SPONSORED】この記事はesthete編集部オリジナル記事です。メーカー提供の情報・アイテムを含みます。




関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。