• HOME
  • esthete
  • NEWS
  • コンフォートゾーンでお部屋エステ。リーガロイヤルホテル東京の究極おこもり美容

コンフォートゾーンでお部屋エステ。リーガロイヤルホテル東京の究極おこもり美容

コンフォートゾーン

新型ウィルスのおかげで新規客が来ない!とあちこちから悲鳴が・・・。しかし、逆に好景気になっている美容サービスがある。ホテルスパである。

ホテルスパは、「おこもり美容」実践の場として選ばれている証拠だ。「偵察にいきたい!」というセラピストのためにおすすめしたいのが、リーガロイヤルホテル東京が打ち出しているエステ付き宿泊プラン「コンフォートゾーン アロマボディ・フェイシャルトリートメント」。

リーガロイヤルホテル東京でおこもり美容

3密とは無縁のジュニアスイートでトリートメント

リーガロイヤルホテル東京には、ヘルスクラブ内に設置されているエステティックサロン「エステ・ミューゼ」がある。アロマトリートメントを主軸に、フェイシャルからボディまでの施術が可能。ドイツのDr.スピラーを採用したフェイシャルが有名だが、今回のプランではエステティックルームではなく、なんと宿泊している部屋で行うというセレブリティなもの。

宿泊に用意されたのは、イタリアンクラシック調のジュニアスイートルーム(49㎡)。

スパをコンセプトに開発されたコンフォートゾーンを使用し、60分のトリートメントを行う。

コンフォートゾーン

コンフォートゾーンは、50カ国に販売網を持つウェルネスブランド。日本でもコンセプトを持ったシティホテルに選ばれることが多く、プロフェッショナル用として人気も高い。

トリートメントは、ボディとフェイシャルの2種類から選択可。オプションで90分の全身トリートメントに変更もできる(追加料金5,000円、税込)。

ボディは、コンフォートゾーンの香りと言われることも多い”トランキリティ”で緊張を解き、オールハンドケアで深いリラクゼーションにいざなう。

フェイシャルは、眠っている間も肌を修復すると言われる「コンフォートゾーン リナイト」を試せるエイジングメニューだ。

セラピストが知りたい!

リーガロイヤルホテル東京のエステといえばこの方!チーフセラピストの宮路裕海(みやじゆか)さん。

海外にて最新のスパ技術を習得し、国内リゾートホテル内スパのマネジャーやスポーツクラブ内サロンの企画運営などを手がけ、現在は世田谷にてプライベートサロンを運営している。日本で初めてのストーンセラピー付きの宿泊プランとして大きな反響をいただいた「ストーンセラピー」や「シアバタートリートメント」、オーガニックの食材を使用する「マキベリートリートメント」をはじめとするリーガロイヤルホテル東京のトリートメント付きステイプラン全般の企画に携わっている。

(プロフィールより)

ぜひ宮路さんにお願いしたいところだが、他のセラピストも宮路さん主宰のベア・フルーツが揃えているというから期待ができる。

プラン利用での宿泊は、お部屋トリートメントの他にもスポーツクラブ(緑の中で泳ぐプールが有名)などヘルスクラブの施設を利用できるのも魅力だ。

レディースエステティックプラン「コンフォートゾーン アロマボディ・フェイシャルトリートメント」
2020年4月1日(水)~2021年3月30日(火) ※除外日あり
1泊1室(ジュニアスイート)1名様料金(消費税・宿泊税・サービス料込)
1名 朝食付    39,500円
2名 朝食付    28,000円
※休前日・特定日は差額有
※14日前までの予約制
※トリートメントの延長は30分+5,000円
※施術後はアフターティーのサービス付き。
※女性同室であれば男性も利用可能。
特典
①リーガロイヤルホテルオリジナル ルームフレグランス「Noble Harmony」(人数分)
②館内ヘルスクラブのプール&サウナが滞在中フリー ※休館日あり
③13:00までのレイトチェックアウト(通常12:00)
④「ダイニング フェリオ」でのご朝食
⑤駐車場料金無料 

text : yuni nojima
【NOT SPONSORED】この記事はesthete編集部オリジナル記事です。サロン提供の情報・アイテムを含みます。

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。