美容ガジェット

肌に直接プリントできるハンディプリンターが日本上陸。お湯落ちインクで安心、サロンのオプションとしていかが?

化粧品素材を使ったインクでカラフルなタトゥーやイラストを肌に印刷できる家庭用のハンディープリンター『Prinker S(プリンカーS)』が日本上陸。

製造は、韓国の電子デバイス企業Prinker Korea Inc.(プリンカーコリア、大韓民国スウォン市)。

プリンカーコリアによると、主要プリンターメーカーの中で化粧品素材を肌にプリントできるハンディープリンターは世界初だという。

 

 

Prinker Sは、ファッショナブルなテンポラリー・タトゥーを素早く肌にプリントできること。デザインは、iOS、Androidデバイス向けの『Prinker』アプリで5,600以上のデザインを提供、毎日日替わりで楽しむこともできる。

 

 

使用方法は、アプリでデザインを選択・またはオリジナルデザインをWEB経由でアップロードし、Prinker SへBluetooth連携で転送、デバイスを肌にあてて滑らせて転写する。デザインは平均約3秒であっという間に肌へプリントできる。

 

 

 

FDA準拠のコスメ由来のお湯落ちインクを使用


 

オリジナルデザインもプリント可能

企業ロゴやキャラクターなど、イベントやキャンペーンなどに沿ったデザインも印刷することができる。1,000dpiの解像度による細かなデザイン、ブラック・カラーインクによる多彩な表現が可能。作成したデザインは、Web上のコンテンツ・プラットフォームにて他のユーザーにシェアすることもできる。2月末時点で約35,000ものデザインがアップロードされているようだ。

 

インク原料はFDAが認めたコスメ用

肌にプリントするインク材料は、アメリカ食品医薬品局FDA (Food and Drug Administration)やEUの化粧品情報管理システムCPNP(Cosmetic Products Notification Portal)が認定する化粧品用のものを使用。耐水・耐摩擦性があり、プリントしてから1日〜3日程度は肌の残るが、水と石鹸で簡単に洗い落とすことができる。ヘナを使用したデザインタトゥーよりも使い勝手が良さそうだ。

 

インクカートリッジは1000回のプリントが可能

インクの価格は、Prinker S (+ ブラックインク):¥39,990(税込)、Prinker S (+ ブラック&カラーインク):¥55,990(税込)、ブラックインクカートリッジ:¥14,990(税込)、 カラーインクカートリッジ:¥22,990(税込)

 

インクカートリッジは、ブラックインクとカラーインクの2種類。最大プリントサイズ100 cm × 2.2 cm、それぞれ約1000回のプリントが可能。

ブラックはグレースケールやリアルな黒を表現するために開発されているため、カラープリントをする際はカラーインクカートリッジ(CMYK)を使用するため不必要ということだ。

 

Prinker S 39,900円(税込) 付属品:Prinker Sデバイス x 1、左用BLKインクカートリッジ x 1、バッテリー x 1、ドッキングステーション x 1、USB-C to USB-Aケーブル x 1 スキンプライマ 300ml x 1

 

販売は、オンラインストアなどで行っている。

日本発売記念として、2021年4月30日まで本体セットを15%OFFで販売中。

 

 

発売元のPRINKER KOREA INC.とは


 

サムスン電子出身のインクジェット印刷技術エンジニアのジミー・リーと、マーケターのルーク・ユン、ハードウェア・ソフトウェア開発エンジニアのクリス・リーの3名が2015年に創業。韓国では資格を持つ医師でなければタトゥーの施術ができない中、痛みや人体への害を伴うことなくタトゥーやボディペイントを表現できる世界初のテンポラリー・タトゥー・プリンター『Prinker』を開発。2018年にはプロやビジネスユーザーに特化した『Prinker Pro』を発売。現在60カ国以上の国々で、タトゥーアーティスト、マーケティング会社、イベント会社、学校、幼稚園、家族、クリエイティブな個人などによって活用されている。Prinker Sは、2020年にリリース。コンシューマー向けとしての初の製品となる。

受賞歴は、ヨーロッパ最大のスタートアップカンファレンスおよびピッチングコンペティション「Slush 2016」のトップ4企業に選出、「L’Oreal Innovation Runway」では優勝している。

クライアントにはシャネル、ルイ・ヴィトン、ジバンシィ、プラダ、コーチ、サムスン電子、MTV、カートゥーン ネットワーク、ハーレーダビッドソン、コカコーラ、ネスレ、マイクロソフトなどのブランドや企業が含まれる。

 

 


Text : yuni nojima
【NOT SPONSORED】この記事はesthete編集部オリジナル記事です。メーカー提供の情報・アイテムを含みます。




 

 



Ranking

Rank: 1 インタビュー

整体師・楽しんごに10の質問!経営は?どんな施術するの?スタッフは?

Rank: 2 column

国民生活センターが調べた銘柄全部公開!ヤバいまつ毛美容液

Rank: 3 column

ついにセルフエステの危害とトラブルを国民生活センターが公表!いちばんの問題点はなに?

Rank: 4 化粧品

エティークから新シャンプーバー「パーマ・くせ毛・広がり ヘア向け用」が新登場

Recommends

化粧品

デンキバリブラシ®︎ 初の公式オンラインセミナー開催!

化粧品

伊藤超短波が家庭用EMS「スタイリフト」の取り扱いを開始。上級者向けコースも搭載

化粧品

家庭用HIFUが遂に登場。開発はクリニック導入のダブロ製造チーム。韓国から上陸の「ホームセラ」をチェック!

化粧品

リファからヘアブラシが登場。頭皮と髪の両方を美しく、清潔に。『リファイオンケアブラシ』

Proudly powered by WordPress テーマ: esthete.