クラフトジンブランド「HOLON」から秋のルームフレグランス お酒とフレグランスの新しいコラボ

HOLON×kako 秋のルームフレグランススプレー<金風>とHOLON SEASONAL 秋 <金木犀>ミニボトルのセット

セット内容:ルームフレグランススプレー20ml, ミニボトル200ml 5,000円 2023年10月6日(金)発売

クラフトジンブランド『HOLON(ホロン)』は、敏感肌ブランド『OSAJI』が運営する30種類以上のブレンドエッセンシャルオイルから“家の香り“を調香する専門店『kako -a scent-』とコラボレートし、秋のルームフレグランススプレーを開発。秋限定の香り「HOLON SEASONAL 秋 <金木犀>」と、クラフトジンのミニボトルをセットにして数量限定で販売する。

HOLON×kako 秋のルームフレグランススプレー<金風>
HOLONは、春と夏にも『kako -a scent-』とコラボレートしたルームフレグランススプレーを発売。今回の「HOLON×kako 秋のルームフレグランススプレー<金風>」は、茉莉花、蜜柑、月桂樹、イランイランノキなどの精油をベースに、黄金に輝く満月の光と、秋の風をイメージしてブレンド。空間のリフレッシュ、掃除の仕上げ、自宅時間での気分転換など、シーンを問わずに使える。

季節の移ろいに合わせた心身の養生に着目「金木犀のジン」

ルームフレグランスとセットになるのは、秋の特別なジン。2021年12月にスタートしたシーズナルラインは、養生や薬膳の基本となる自然哲学の「五行思想」をベースに、旬の素材や養生で使われるボタニカル食材を蒸留。季節や気温の変化に伴う心身の健康に寄り添うラインナップでHOLON独自の世界観を表現している。

HOLON SEASONAL 秋 <金木犀>

「HOLON GIN SEASONAL 秋 <金木犀>」は、気持ちが落ち着く香りをもつ「金木犀」を基調にしたジン。昨年は発売後数日で売り切れとなり、その後追加生産も追いつかないほどの人気のフレーバーとなった。今年は、蒸留時に金木犀の花の量を2倍使用し、さらに香り高い仕上がりになっている。
金木犀はオスマン、パラハイドロオキシフェニール、パルミチン酸などの成分が含まれており、古くからリラックスや安眠のために使われた素材。漢方でも金木犀の花を乾燥させた「桂花茶」が、秋の心身をととのえるお茶として親しまれている。そんな金木犀の優しい香りを、杏(アプリコット)の柔らかな甘みが包み込み、カルダモンやシナモンのスパイシーさが漂う、芳香な味わいに仕上げた。
また、秋は「五行思想」の中でも「金」にあたることからイメージを想起し、パッケージのイラストデザインでは、シャイニーゴールドをテーマカラーに設定。稲や作物の収穫の季節と、神秘的な金木犀の香りを表現している。

OSAJIはどんなブランド?

江戸時代、大名や将軍に仕える医師を、匙を使って薬を調合するすがたになぞらえ「お匙(おさじ)」と呼ばれていた。皮膚が体の免疫を司る重要な器官と考えられる今、美容としてのスキンケアにとどまらず、健やかで美しい皮膚を保つためのライフスタイルの提案こそが、現代の「お匙」ではないか。そんな思いから敏感肌に向き合い、フェイシャル、ボディ、ヘア、メイクアップ、フレグランス製品を開発・販売している。

kako -a scent-についてはどんなブランド?

直感にフォーカスし、30種類以上のシングルエッセンシャルオイルから「心地よい」と感じる香りを選び、ハーモナイズしていくことで、自分の本質的な感覚に”気づく”体験を提案。家で暮らす時間をより心地よく過ごすために、⾃分⾃⾝が導く「いい⾹り」をつくる時間を提供している。調香した香りは、「家の香り(ホームフレグランス)」として持ち帰り可能。

〒248-0006. 神奈川県鎌倉市小町2丁目8-29
水曜日定休(水曜が祝日の場合、翌平日)

クラフトジンブランド『HOLON(ホロン)』とは

“ととのえる”時間に寄り添うクラフトジンブランド。ブランド名『HOLON』は、古代ギリシア語の「全体と部分の調和」を意味する言葉に由来している。クラフトジンとそれを楽しむ時間を通して、心と身体の調和に寄り添う存在でありたいという想いが込められている。ストレスや疲れを抱えやすい現代人にやさしい東洋のハーブやスパイスなど9種類のボタニカルを調合。心と身体の調和をテーマに、その味わいを保ったまま口あたりのよさを引き出すため、ジンとしては度数の低い約35〜40度で仕上げ、炭酸水で割るとアルコール度数およそ5〜7%ほどで楽しめるのが特長。


NOT SPONSORED】この記事はesthete編集部オリジナル記事です。メーカー提供の情報・アイテムを含みます。

関連記事