• HOME
  • esthete
  • スキンケア
  • サステナブルな茶実油を利用したヘアケアブランド「BIOteA(ビオテア)」誕生 頭皮と肌に使用できるマルチアイテム

サステナブルな茶実油を利用したヘアケアブランド「BIOteA(ビオテア)」誕生 頭皮と肌に使用できるマルチアイテム

サロン専売コスメブランド「Omeme.」を手掛ける株式会社andUSが、新しいヘアケアブランド「BIOteA(ビオテア)」をローンチ。茶実から抽出する“茶実油”を原料に、頭皮・肌に使えるローションと、髪・頭皮・肌に使えるマルチオイルが販売開始された。
環境にも髪にも肌にもやさしい処方を目指し、10のフリー処方を実現。クルエル(動物実験)、鉱物油、シリコーン、パラベン、紫外線吸収剤、動物由来原料、サルフェート、マイクロビーズ、着色料、香料を使用していない。美容サロン専売品として、問い合わせは専用LINEなどで受け付ける。

 

ビオテア バランシングローション

50mL・250mL 4,290円(税込)
BIOteA Balancing Lotion
頭皮と肌に使えるローション。

 

ビオテア バランシングオイル

150mL・30mL 4,290円(税込)
BIOteA Balancing Oil
髪・頭皮・肌に使えるマルチオイル。

 

サスティナブルな天然オイル「茶実油」を使用

原料に使われている茶実油(化粧品表示名は、チャ種子油)は、岐阜県揖斐川町の「天空の茶畑」で採取した茶実から搾ったもの。茶実油はビタミンEを豊富に含み、皮膚の常在菌バランスに着目したオイルとしても注目されている。

「天空の茶畑」は耕作放棄された茶畑だったが、生産者となる山田泰珠氏が茶実油に着目し、化粧品の原料「キセキの滴」としての製造を開始。それまであまり活用されてこなかった茶実の活用の道を切り開いた。BIOteAでは、この「キセキの滴」を全ての製品に使用している。


NOT SPONSORED】この記事はesthete編集部オリジナル記事です。メーカー提供の情報・アイテムを含みます。

関連記事