化粧品

マッコイ から初の日焼け止めUVが登場。ブルーライトもカット、石鹸落ち、国内最高レベルのUV防御機能を保持

株式会社マッコイから、日焼け止め『薬用美白UVクリームWP』が新登場。日焼けを防ぎながら透明感のある肌を目指すというコンセプトで、肌には優しく、光には厳しい処方を実現。医薬部外品。

 

 

ウォータープルーフなのに石鹸落ちの衝撃。その秘密は……


 

『薬用美白UVクリームWP』は、メラニンの生成抑制にアプローチするトラネキサム酸と、抗炎症効果のあるグリチルリチン酸ジカリウム、ブルーライトカット成分として脚光を浴びているビルベリー葉エキスなどを配合。光害による肌ダメージをいたわりながら、ブルーライトやアンチポリューションからも身を守るという、高いスキンケア効果を獲得。医薬部外品として発売されている。

 

 

紫外線(UV-A,UV-B)

紫外線ブロックには、紫外線散乱剤の酸化亜鉛(低温焼成酸化亜鉛)を使用。同じ紫外線散乱剤の仲間、酸化チタンよりも肌なじみがよく、透明性も高い。限りなく肌に優しい原料を使用しながらも、最大の美しさを目指しての選択だ。

 

酸化亜鉛は、架橋型PMMA.ビーズの表面に微粒子酸化亜鉛をコーティングした多機能性原料。広範囲の紫外線を反射させて皮膚を守ることが可能な原料として有名だ。酸化亜鉛の対応波長は290nm~400nmと幅が広く、肌老化を促進するロングUVAをカバーできる。この働きは日焼け止め全般(主に紫外線散乱剤と紫外線吸収剤)で対応波長が最も広いと言われているほどだ。

さらに汗や水に強く、化粧下地としても様々な製品に使用されている安全な成分。炎症を抑える作用も認められており、赤みの鎮静にもアプローチする。

 

洗浄性

石鹸でするっと落ちるよう、洗浄性はオイルインウォーターを採用。水の中に油が分散している状態で、さらっとしたみずみずしいテクスチャー、だからこそ肌に負担をかけずに落とすことができるのだ。

 

ブルーライトカット

スマホで肌が老けると話題になったブルーライト。ケア対策として、ビルベリー葉エキスを配合。ビルベリーは、北欧の森に生息するブルーベリーの仲間。実には目に良いとされる成分が含まれるが、葉にはブルーライト照射による線維芽細胞活性低下を抑制する作用が報告されている。強い紫外線から身を守る機能が備えられた葉は、ハーブとして服用もされてきた歴史もある。

 

ブライトニング

美容皮膚科などで内服薬として有名なトラネキサム酸。外用としても効果が認められ、多くの化粧品に使用されている。トラネキサム酸は、人工合成されたアミノ酸。性質は水溶性だが、クリーム基剤に入れることにより皮膚からの吸収性が高まる可能性があると報告されている。

 

抗炎症

多年草植物のカンゾウ(甘草)の主要成分、グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸のカリウム塩)を採用。抗炎症作用や抗アレルギー作用がある活性成分のグリチルリチンと同じように、グリチルリチン酸ジカリウムにも同様のアプローチができるとされている。

 

アンチポリューション

オウゴン根(コガネバナの根)は、生薬名「黄芩」として知られている天然成分。主要成分のバイカリン、バイカレインには抗アレルギー作用、抗炎症作用、活性酸素消去作用などが知られている。大気汚染や大気汚染物質による肌への影響をプロテクトする原料として注目されている。

 

その他、加水分解ヒアルロン酸スターフルーツエキス酵母エキスを配合。

合成着色料、鉱物油、パラベン、香料不使用

SPFは50+、PA++++

無色

 

使用方法は、通常のスキンケアで肌を整えた後、適量を手に取り伸ばす。全身に使え、化粧下地としても使用できる。

 

 

薬用美白UVクリームWP

 

50g 5,000円(税抜)

 

代表成分

トラネキサム酸、グリチルリチン酸ジカリウム、ビルベリー葉エキス

<全成分>
トラネキサム酸、グリチルリチン酸ジカリウム、精製水、2-エチルヘキサン酸セチル、エタノール、1,3-ブチレングリコール、低温焼成酸化亜鉛、パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシル、2,4―ビス―[{4―(2―エチルヘキシルオキシ)―2―ヒドロキシ}―フェニル]―6―(4―メトキシフェニル)―1,3,5―トリアジン、アクリル酸ナトリウム・アクリロイルジメチルタウリン酸ナトリウム共重合体/イソヘキサデカン/ポリソルベート80、ポリアクリル酸アルキル、イソステアリン酸、オウゴンエキス、キサンタンガム、スターフルーツ葉エキス、セスキイソステアリン酸ソルビタン、ビルベリー葉エキス、フェノキシエタノール、ポリヒドロキシステアリン酸、メチルハイドロジェンポリシロキサン、メチルポリシロキサン、加水分解ヒアルロン酸、酵母エキス(4)、濃グリセリン

 

 

エステティック化粧品はスキンケアを主としていながらも、防御カテゴリは空席が多く、施術を含め、アフターケアにチカラを入れる傾向にある。一般化粧品のホワイトニングシーズンは1月から初夏にかけてはじまるが、エステティックではアフターサンケアに当たる8月から冬にかけての時期。この時期に、シミのケアや保湿による透明感へのアプローチなどがメニューに組み込まれる例が多かった。

しかし、ブルーライトの登場で光害への意識は一転。太陽光線だけでなく、スマホやPCなどによる光からも肌の老化に結びつく害を受けるということが明らかになり、24時間体制での対策を余儀なくされている。プロだからこそ良い製品を見極め、知っておく必要がありそうだ。

 

マッコイの薬用美白UVクリームWPは、サロン専売品として販売する。導入を検討中のサロンはサロン価含め問い合わせを。

 

株式会社マッコイ
06−4963−8428
https://www.mccoy-nonf.com/

 

 


Text : yuni nojima

【NOT SPONSORED】この記事はesthete編集部オリジナル記事です。メーカー提供の情報・アイテムを含みます。

 






Ranking

Rank: 1 インタビュー

整体師・楽しんごに10の質問!経営は?どんな施術するの?スタッフは?

Rank: 2 column

国民生活センターが調べた銘柄全部公開!ヤバいまつ毛美容液

Rank: 3 column

ついにセルフエステの危害とトラブルを国民生活センターが公表!いちばんの問題点はなに?

Rank: 4 化粧品

エティークから新シャンプーバー「パーマ・くせ毛・広がり ヘア向け用」が新登場

Recommends

化粧品

化粧品フロアから美容トレンドを動画やライブ配信。阪急百貨店うめだ本店がHANKYU BEAUTY SCHOOLを開校

化粧品

LUSHがサブスクBOXスタート!スキンケアとオーガニックフラワーを製造から48時間以内にお届け

化粧品

メンズ美容スペースを確保。スイス・パーフェクション髙島屋大阪店でメンズフェイシャルがスタート

化粧品

ダーマロジカがコミュニケーション強化に向けたオンライントレーニングをスタート

Proudly powered by WordPress テーマ: esthete.